橋本会長 3度目緊急事態宣言も「引き続き準備に尽力」中止は改めて否定「考えてない」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)が23日、都内で定例会見を行った。五輪開幕まであと3カ月となった中、第4波とみられる新型コロナウイルスの感染拡大にともない、政府は同日にも都や大阪府などへの3度目となる緊急事態宣言を決定。「1日も早い社会の回復を願いながら、組織委としては大会開催に向け、関係団体と緊密に連携しながら準備に尽力したい」とし、中止については「組織委としてはまったく考えていない。歓迎される大会に向けて準備する」と、改めて否定した。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-23 17:28 99 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース