「月に1回、注射を打っていた」巨人エース候補だった20歳、手術を決断した背景と今

昨年10月に腰のヘルニア手術を受け、復活を目指している巨人の高卒3年目、直江大輔投手。現在はファームで順調を重ね、1軍復帰を視界に捉えている。昨年8月にプロ初登板すると、9月21日の広島戦(東京ドーム)ではあとアウト1つで初勝利というところで、2失点で降板。その直後に手術へ踏み切った。決断の背景と描く未来に迫った。【楢崎豊】もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-20 08:13 104 Full-Count 同ジャンルのニュース