「このままでは野球界は衰退する」批判は覚悟…西岡剛が敢えて語る“球界改革”

野球を愛しているからこそ、野球に育てられたからこそ、現状がもどかしい。2018年限りで阪神を戦力外となって3年目。西岡剛内野手は独立リーグに身を置き、見えてきた“球界の景色”がある。コロナ禍でプロアマ問わず打撃を受けた現実を直視。様々なエンターテインメントが日々生まれては消えていく時代のスピードに「このままでは、野球界は衰退してしまう」。当事者として危機を感じ、改革の必要性を敢えて口に出す。【小西亮】もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-20 07:43 72 Full-Count 同ジャンルのニュース