阪神ドラ1・佐藤輝の成功のカギ「内角攻め」への対応は?データ上は成長の跡

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が開幕から19試合を終え、リーグ3位タイの5本塁打、同9位タイの10打点をマーク。打率・214で、30三振はリーグワーワーストながら、4月9日・DeNA戦(横浜)での右中間場外弾などパンチ力は大きな魅力だ。 佐藤輝の打撃の話題になると、よく聞く「内角攻め」。開幕前から矢野監督や評論家らがシーズンを戦い抜くポイントとして、内角を挙げていた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-19 19:15 124 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース