1試合5盗塁献上は「屈辱的だった」 ロッテ6年目・柿沼が目指す正捕手の座

ロッテの柿沼友哉捕手は6年目のシーズンを1軍で迎えた。昨季は全試合でベンチ入りし、自己最多の56試合に出場。しかし打率は1割6分とバットで結果を出せなかった。スタメンマスクを被っても終盤に代打を送られることも多く、1試合を通してマスクを被るためには、まだまだ課題は山積みだ。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-19 11:13 53 Full-Count 同ジャンルのニュース