将来は“スカウト・新庄”誕生も?独立L訪問でにじむ“独自の野球観”

 やはり華がある。元阪神、日本ハムで米大リーグでもプレーした新庄剛志氏が、長野市内で行われたルートインBCリーグ・信濃-新潟にゲスト参加。始球式などで独立リーグの試合に訪れたファンを沸かせた。 昨年12月に15年ぶりの現役復帰を目指してプロ野球合同トライアウトに参加し、話題をさらったことは記憶に新しい。1安打を放って猛アピールしたが、NPB球団からのオファーは届かず。2度目のプロ野球選手の道は断念した。今後の活動について明確な方向性は示していない中、「野球が好き」と情熱は色あせていない。 特に未来の球界を担う可能性を秘めた若者へ向けられたまなざしは鋭かった。NPBを目指す独立リーガーのプレーについて、「何かがちょっと足りないっていう印象はあるので。でも、ここを直したらプロ野球選手になれる近道になるんじゃないかなっていう選手はけっこういます」と力説。決してリップサービスではなく、語気には熱さもっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-19 11:00 51 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース