「膝が痛い!」ティームがベオグラード大会も欠場へ

2018・2019年の「全仏オープン」で準優勝、2020年の「全米オープン」では念願のグランドスラム制覇を成し遂げた世界ランキング4位のドミニク・ティーム(オーストリア)。だが、今シーズンはここまで5勝4敗と思うような成績を残せておらず、3月の「ATP500ドバイ」以来、約1ヶ月大会にも出場していない。そして今回も、出場予定だった「ATP250ベオグラード」を欠場すると発表している。伊ニュースサイトUBITennisが報じた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-17 07:13 88 THE TENNIS DAILY 同ジャンルのニュース