大谷翔平、四球で11戦連続出塁 7戦ぶり無安打 チームは今季初の連敗

 「ロイヤルズ6-1エンゼルス」(14日、カンザスシティ) エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、3打数無安打1四球だった。連続安打試合は6で止まり、打率は・340(47打数16安打)。開幕2戦目から11試合連続出塁とし、出塁率は・380。チームは今季初の連敗を喫した。 右腕ケラーに対し、初回の打席は空振り三振。立ち遅れる形でファウルと空振りで追い込まれ、カウント1-2からの7球目、外角高めへの154キロの釣り球にバットは空を切った。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-15 07:13 110 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース