神戸DF初瀬 途中出場で価値あるアシスト 五輪代表入り「まだ諦めていない」

 「明治安田生命J1、神戸1-1清水」(11日、ノエビアスタジアム神戸) 途中出場のJ1神戸DF初瀬亮(23)が価値ある同点アシストを決めた。 後半15分に投入された初瀬は左サイドバックではなく1列前の左MFを任された。1点を追う後半43分、右サイドからのクロスが流れたボールを低い弾道でゴール前に入れ、FW古橋の4試合連続ゴールを導いた。「亨梧君を狙ったというよりはGKとDFの間に速いボールを蹴れば、誰か入ってくれるだろうと思った」と振り返る。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-04-11 22:13 87 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース