阪神・矢野監督 外国人の競争に手応え「チームにとってはプラスだと思います」

 「オープン戦、ソフトバンク4-3阪神」(7日、ペイペイドーム) 阪神・矢野監督が助っ人バトルに目を細めた。先発・チェンは3回4失点だったが、2番手ガンケルは3回無失点と好投し、3番手エドワーズと4番手スアレスも1回を無失点に抑えた。3番マルテも初回に先制ソロを放ち、アピールした。 「ロハスとアルカンタラが来てからも、また勝負になるしね。その前の勝負ももちろんあるんでね。ルールというか、制限がある中で何が一番いいかを選択していくだけなんでね。そういうところではいい争いをしてくれているんでね。チームにとってはプラスだと思います」もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-03-07 21:59 110 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース