ジャンボの最年長V記録の裏で… 不発だった藤田寛之の“林越え”【名勝負ものがたり】

歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまで鮮やかな記憶。かたずをのんで見守る人々の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の数々の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。第2回は、藤田寛之の敗戦の記憶をたどる。2002年「ANAオープン」で挑んだ相手は、尾崎将司。当時、ツアー2勝の33歳にとって、とてつもなく大きな存在との勝負だった。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-03-05 12:00 138 ゴルフ情報ALBA 同ジャンルのニュース