毎年6月2日が「ルー・ゲーリッグ・デー」に MLB機構が発表

日本時間3月5日、メジャーリーグ機構は毎年6月2日(現地時間)を「ルー・ゲーリッグ・デー」とすることを公式発表した。ヤンキースの名一塁手・ゲーリッグの功績を称えるだけでなく、「ルー・ゲーリッグ病」として知られる難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)と戦う人々を支援するために制定される。ヤンキースの4番打者として活躍したゲーリッグはこの難病によって現役引退を余儀なくされ、引退から2年後、1941年6月2日にこの世を去った。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-03-05 01:00 136 MLB.jp 同ジャンルのニュース