四位師「一流の厩舎に」“馬優先主義”で飛躍目指す 新規開業調教師デビュー

 東西で9人の新規調教師が1日付で厩舎を開業。中でも注目は騎手として、JRA通算1586勝を挙げた四位洋文調教師(48)=栗東=だ。競走馬への感謝を胸に、トップトレーナーを目指していく。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-03-05 06:00 61 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース