【ボート】浜名湖G1 攻撃力を高めて藤山雅弘が予選上位通過に挑む

 「浜名湖賞・G1」(4日・浜名湖) 3日目が行われ、得点率トップには佐々木康幸(静岡)が浮上。2位は西野雄貴(徳島)、3位タイに山口剛、大上卓人の広島勢が続いている。僅差の5位タイには5人が並び、混戦ムードが漂う中、15位タイの藤山雅弘(31)=大阪・105期・A1=にも、予選上位通過のチャンスはたっぷりと残されている。 初日8Rで6着以降は、3走全て2着とリズムは上々だ。「初日も悪くなかったけど、ペラを叩いていい方向にいった。足は行き足が良く、その延長で伸びも悪くない」と攻撃力は上昇中。「着も取れているし、回った感じも悪くないですよ」と仕上がりはトップクラスの域に入った。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-03-04 18:52 54 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース