「負けても勝った雰囲気になった」 アオキVSニクラスの“バルタスロールの死闘”【名勝負ものがたり】

歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまで鮮やかな記憶。かたずをのんで見守る人々の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の数々の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。第1回は1980年全米オープン。バルタスロールゴルフクラブ(ニュージャージー州)で繰り広げられた激闘を振り返るのは、主役の1人、青木功だ。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-02-26 18:00 134 ゴルフ情報ALBA 同ジャンルのニュース