阪神 右の4番論「もっと余韻を楽しんで」岡田彰布氏 バットを手に大山のクセ指摘

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、阪神・大山悠輔内野手(26)と対談した。共に右打者で虎の4番に座った経験を持つ2人のトークは、岡田氏がバットを手に大山のクセを指摘するなど白熱。05年以来16年ぶりの優勝には右打者の活躍が重要と指摘し、大山自身も「優勝キャプテン」になることを誓った。その1。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-02-25 07:30 106 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース