巨人育成契約の16歳はヤンキースも狙った逸材 長期で育成、生活面もサポート

巨人が、異国の“若き逸材”の育成に乗り出す。昨年11月と今年3月にドミニカ共和国でトライアウトを実施。ともに16歳のホセ・デラクルーズ内野手とフリアン・ティマ外野手を育成選手として契約した。特にデラクルーズは、ヤンキースも獲得に興味を示していたプロスペクト。プレー面だけでなく生活面でもサポートし、金の卵の孵化を促す。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-02-24 21:08 89 Full-Count 同ジャンルのニュース