ロールスロイスファントムの評価・価格・燃費からグレードを選ぶ

ファントム 年式:2014年04月 〜 販売中

ファントムの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:6749(cc)
 エンジン型式:V型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):255/50R21
 タイヤサイズ(後):285/45R21
 駆動方式:FR
 ミッション:8AT
 最小回転半径:-
 最大出力:
 最大トルク:

ファントム のリア・インパネ

  • ファントムエクステンディッド ホイールベースのリアビュー

  • ファントムエクステンディッド ホイールベースのインパネ




ファントム 年式:2012年03月 〜 2014年03月

ファントムの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:6749(cc)
 エンジン型式:V型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):255/50R21
 タイヤサイズ(後):285/45R21
 駆動方式:FR
 ミッション:8AT
 最小回転半径:-
 最大出力:
 最大トルク:

ファントム のリア・インパネ

  • ファントムエクステンディッド ホイールベースのリアビュー

  • ファントムエクステンディッド ホイールベースのインパネ




ファントム 年式:2007年07月 〜 2012年02月

ファントムの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:6749(cc)
 エンジン型式:V型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):
 タイヤサイズ(後):
 駆動方式:FR
 ミッション:6AT
 最小回転半径:-
 最大出力:
 最大トルク:

ファントム のリア・インパネ

  • ファントムパールのリアビュー

  • ファントムパールのインパネ






ロールスロイスファントムの中古車


ロールスロイス ファントムのニュース

新型ロールスロイス・ファントム「生産第一号」は競売に。なお先代「最後の一台」も記念碑扱い

2017-12-10 113 Life in the FAST LANE 新型ロールスロイス・ファントム「生産第一号」は競売に。なお先代「最後の一台」も記念碑扱い 写真・画像

ロールスロイスは先日新型「ファントム」を発表したばかりですが、その第一号車をオークションに出品する、と発表。
ロンドンのディーラーにも新型ファントム展示されていたものの、そちらはプロトタイプであったか、それともこのために「生産第一号」をロールス・ロイスがキープしていたものと思われます。
なお、ロールスロイスは先代ファントム「最後の一台

ロールスロイス ファントム
続きを見る

【ニュース】ロールス・ロイスのフラッグシップ、新型ファントムを日本でもお披露目! 2018年1月22日

2018-01-22 101 Lawrence 【ニュース】ロールス・ロイスのフラッグシップ、新型ファントムを日本でもお披露目! 2018年1月22日 写真・画像

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、14年ぶりにフルモデルチェンジして8世代目となったフラッグシップの「ファントム」を、あいにくの雪が降る都内で日本での初お披露目をした。

ファントム
続きを見る

まるで「動く美術館」 ロールス・ロイスの新型ファントム発表 5460万円~

2018-01-23 102 乗り物速報 まるで「動く美術館」 ロールス・ロイスの新型ファントム発表 5460万円~ 写真・画像

英高級車メーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズは22日、14年ぶりに全面改良した旗艦モデル「ファントム」を国内でお披露目した。
価格は消費税込み5460万円から。
自慢の美術品を飾ることができるスペースを設けるなど、めざしたのは富裕層に響く「動く美術館」だ。
 今回で8代目となるファントムは、1925年の発売以来、英国のエリザベス

高級車 ファントム 新型車
続きを見る

まるで「動く美術館」 ロールス・ロイスの新型車発表 5460万円~

2018-01-24 407 くるまにあ速報 まるで「動く美術館」 ロールス・ロイスの新型車発表 5460万円~ 	 写真・画像

1: 2018/01/22(月) 19:04:52.42 ID:CAP_USER9 http://www.asahi.com/articles/ASL1Q3WLZL1QULFA00P.html  英高級車メーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズは22日、14年ぶりに全面改良した旗艦モデル「ファントム」を国内でお披露目した。
価格は消費税込み


ロールス・ロイス ファントム
続きを見る

新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(1)。とにかくデカいその姿を画像にて

2018-01-25 27 Life in the FAST LANE 新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(1)。とにかくデカいその姿を画像にて 写真・画像

さて、新型ファントムですが、14年ぶりのモデルチェンジを受け、これで「8代目」に。
エンジンは先代譲りの6.75リッターV12を継続使用しますが、その内容は大きくアップデートされておりツインターボによって563馬力を発生。
0-100キロ加速は5.3秒で、これはポルシェ・マカンSと同等の数字ですね。

ロールスロイス ファントム
続きを見る

新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(2)。乗り出し価格はなんと7541万円

2018-01-26 33 Life in the FAST LANE 新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(2)。乗り出し価格はなんと7541万円 写真・画像

さて、新型ロールスロイス・ファントムの展示会の様子、パート2。
パート1ではロングホイールベース(EWB)を紹介しましたが、こちらは標準ホイールベース。
ただし「標準」ホイールベースといえども全長は5.76メートル、EWB(エクステンデット・ホイールベース)版はなんと5.98メートルという巨大さ。

ロールスロイス ファントム
続きを見る

新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(3)。会場に展示されたレイス、ドーンも見てみよう

2018-01-26 23 Life in the FAST LANE 新型ロールスロイス・ファントムを見てきた(3)。会場に展示されたレイス、ドーンも見てみよう 写真・画像

ぼくは大抵の場にはジャージを着てゆくのが通例となっていますが、さすがにロールスロイスの展示会でそれはマズいだろう、と思ったわけですね。
しかし実際にロールスロイスユーザーの多くはかなり若く、そして多くは「ジャージにニューエラのキャップに白いスニーカー」というラッパーっぽい人が多いのも確か(ある意味、これは現代における典型的なロールスロイスユーザーの姿かもしれない)。

ロールスロイス ファントム レイス ドーン レイ
続きを見る

生産第一号のロールスロイス「ファントムⅧ」がオークションにて出品、約9,400万円にて落札へ

2018-01-30 29 Creative Trend 生産第一号のロールスロイス「ファントムⅧ」がオークションにて出品、約9,400万円にて落札へ 写真・画像

ロールスロイスの最新フラッグシップモデル「ファントⅧ」の生産第一号が、アメリカのオークションにて出品され、オハイオ州の高齢夫婦により約9,400万円にて落札されたことがわかりました。
過去15年間、ロールスロイスが主催するオークションにて得られた収益金は、ナポリの子供教育基金(60以上の非営利団体と20万人以上の子供たち)に向けて寄付されており、その

ロールスロイス ファントム
続きを見る

BMWアブダビにて早速新型ロールスロイス・ファントム登場。いかにも中東っぽいカラー

2018-02-12 20 Life in the FAST LANE BMWアブダビにて早速新型ロールスロイス・ファントム登場。いかにも中東っぽいカラー 写真・画像

続々と新型ロールスロイス・ファントムが世界中に配備されていますが、今回はアブダビのBMWディーラーにて。
ここは数々のカスタムされたBMWをFacebookを通じて紹介しており、BMWグループのブランド全般、つまりロールスロイスとミニも扱っていることで知られます。
とにかく広大で、希少な車が展示されることでも有名ですね。

BMW ロールスロイス ファントム
続きを見る

ロールス・ロイスの新型ファントム発売(5460万円~)

2018-02-15 37 乗り物速報 ロールス・ロイスの新型ファントム発売(5460万円~) 写真・画像

ロールス・ロイスのラインアップに『ファントム』の名が登場したのは遙か昔1925年のことになる。
その初代ファントムから数えて8代目となる新型ファントムが2018年、日本でローンチされた。
今回撮影することができたモデルは、標準のファントムよりもホイールベースを延長したその名も「エクステンデッド・ホイールベース」。
標準のホイールベースが3550mmなのに対

高級車 ファントム 新型車 モデルチェンジ
続きを見る