ロールスロイスの車を探す | ロールスロイスの新着中古車を見る

  • ロールスロイスゴーストの販売車種
    ゴースト

    価格
     2,982〜3,535万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2014年10月

  • ロールスロイスドーンの販売車種
    ドーン

    価格
     3,462〜3,462万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2016年01月

  • ロールスロイスファントムの販売車種
    ファントム

    価格
     4,642〜5,374万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2014年04月

  • ロールスロイスファントムクーペの販売車種
    ファントムクーペ

    価格
     5,032〜5,032万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2014年04月



ロールスロイスの中古車


ロールスロイス ファントムドロップヘッドクーペのニュース

アブダビより、ゴールドの2トーン外装、内装はホワイトのカスタム・ロールスロイスが登場

2017-10-27 71 Life in the FAST LANE アブダビより、ゴールドの2トーン外装、内装はホワイトのカスタム・ロールスロイスが登場 写真・画像

いつもBMWのカスタムを披露するアブダビ・モータースが今回はロールスロイス・ゴーストのカスタムを披露。
パッと見るとゴールド一色のように見えますが、色調の異なるゴールド「オーラム」と「デューンメタリック」の二色を使用したもの。
ホイールのセンターキャップもボディカラー同様にゴールドとなっていますね。

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイス初のSUV、「カリナン」最新スパイフォト。今回は内装も撮影される

2017-10-29 116 Life in the FAST LANE ロールスロイス初のSUV、「カリナン」最新スパイフォト。今回は内装も撮影される 写真・画像

よくよく考えるとロールスロイス・ファントムの全高はもともと1655ミリもあり、これはレンジローバー・イヴォークの1635ミリよりも大きな数字。
つまり、「レンジローバー・イヴォークよりも、セダンであるロールスロイス・ファントムのほうが背が高い」ということに(それでも全長が長いために車高が高いようには見えない。
言うなればファントムは普通のセダン

ロールスロイス
続きを見る

その名も和製ロールスロイス。東京モーターショーにてトヨタ最強クラスの新型「センチュリー」が登場

2017-10-29 36 Creative Trend その名も和製ロールスロイス。東京モーターショーにてトヨタ最強クラスの新型「センチュリー」が登場 写真・画像

トヨタのフラッグシップモデルであり、日本を代表するラグジュアリーセダン「センチュリー」が21年ぶりにフルモデルチェンジにて復活し、先日より開催中の東京モーターショー2017にて出展中。
「センチュリー」は、皇族公用車にも使用されており、「匠の技」や「高品質なものづくり」を継承しつつも新たに3代目として、公式プレミアすることとなり、今回のフルモ

トヨタ ロールスロイス センチュリー
続きを見る

Forgiatoがヤンチャ仕様のロールスロイス「レイス」にド派手ホイールでアップグレード。キャンディレッドのボディも印象的

2017-10-29 107 Creative Trend Forgiatoがヤンチャ仕様のロールスロイス「レイス」にド派手ホイールでアップグレード。キャンディレッドのボディも印象的 写真・画像

アメリカを代表する高級鍛造カスタムホイールブランドであるForgiato(フォージアート)が、ロールスロイスの2ドアクーペモデル「レイス」専用カスタムホイールを提供の他、ロールスロイスのビスポーク部門によるパーソナライズ向けにボディカラーをヤンチャ仕様に。
まずはそのヤンチャなボディカスタムについてですが、ボディカラーについてはホワイトをベースと

ロールスロイス レイス レイ
続きを見る

ロールスロイスのSUV「カリナン」は室内も凄かった!まさにファントム・クロスオーバーだ

2017-10-30 242 スクープ ロールスロイスのSUV「カリナン」は室内も凄かった!まさにファントム・クロスオーバーだ 写真・画像

ロールスロイス初のクロスオーバーSUV『カリナン』の室内を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて撮影に成功した。
そこにはロールスロイスのフラッグシップサルーン『ファントム』新型と酷似した最新世代コックピットを見ることが出来た。

SUV ロールスロイス ファントム スパイダー
続きを見る

アブダビにて、内外装が完全にピンク&ホワイトのロールスロイス・ドーン。カスタム費用はいくら?

2017-11-05 111 Life in the FAST LANE アブダビにて、内外装が完全にピンク&ホワイトのロールスロイス・ドーン。カスタム費用はいくら? 写真・画像

ロールスロイスの正規ディーラー、アブダビ・モータースがホワイトとピンクに色どられたロールスロイス・レイスを公開。
先日は「トーンの違うゴールド」のツートンカラーを公開していましたが、こういったセンスには驚かされるばかり。
いわゆる「ベイビーピンク」と言われる甘いピンクに、ちょっと青っぽい「純白」の組み合わせですが、とんでもないインパクトがありますね。

ロールスロイス ドーン
続きを見る

ロールスロイスがさらにワンオフビジネス拡大について語る。「チャレンジが不可能を可能にする」

2017-11-06 64 Life in the FAST LANE ロールスロイスがさらにワンオフビジネス拡大について語る。「チャレンジが不可能を可能にする」 写真・画像

ロールスロイスは「世界で最も高級な自動車メーカー」として、そのカスタムの幅をますます広げたい意向があるようです。
ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏によると、「このセグメントの顧客は、ワンオフで独自性のあるモデルを望んでいる」と前置きし、1台15億円とも言われるスウェプテイルのような車の製造を拡大してゆきたい、とメディアに対してコメント。

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイス「新型ファントムはEVにも転用可能なように設計されている」。6年前にもEV化を示唆するなど意外や先進的

2017-11-09 58 Life in the FAST LANE ロールスロイス「新型ファントムはEVにも転用可能なように設計されている」。6年前にもEV化を示唆するなど意外や先進的 写真・画像

ロールスロイスのトルステン・ミュラー・エートベッシュCEOによると、「新型ファントムは、エレクトリックビークルに転用できるようにも設計されている」とのこと。
つまりは現行(新型)モデル存命中にファントムのエレクトリックモデルが登場する、ということになりますね。

ロールスロイス ファントム
続きを見る

何とヤンチャな。Spofecがワイドボディ化したロールスロイス「ドーン」を公開

2017-11-14 107 Creative Trend 何とヤンチャな。Spofecがワイドボディ化したロールスロイス「ドーン」を公開 写真・画像

Novitecグループの一つであり、ロールスロイスを専門に手掛けるチューナのSpofecが、ラグジュアリー2ドアコンバーチブルの「ドーン」をヤンチャにカスタム。
今回、Spofecがカスタムした「ドーン」は、カーボンファイバ製のワイドボディーキットを装着し、ホイールアーチは拡大され、更にはOverdoseチューニングパッケージと呼ばれる22インチ大口径合金ホイールを装着。

ロールスロイス ドーン
続きを見る

Novitecグループがかなりローなロールスロイス ドーンを公開

2017-11-15 301 Vehicle Mania Novitecグループがかなりローなロールスロイス ドーンを公開 写真・画像

ワイド&ローでデカく無骨なカラー。
Novitecグループがかなりローなロールスロイス ドーンを公開。
Novitecグループがかなりローなロールスロイス ドーンを公開     Novitecグループの「SPOFEC」がロールスロイス ドーンを公開。
  暗めのボディに黒のホイールがローでクールな車体のスタイルをさらに引き締める。
[...]


ロールスロイス ドーン
続きを見る