106XSi

106の詳細スペック

 年式:1995年04月 〜 1995年05月
 参考価格:215万円
 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:1587(cc)
 エンジン型式:直列4気筒SOHC
 タイヤサイズ(前):175/60R14
 タイヤサイズ(後):175/60R14
 駆動方式:FF
 ミッション:5MT
 最小回転半径:5.3(m)
 最大出力:100/6200
 最大トルク:13.5/3500

106 のリア・インパネ

  • 106XSiのリアビュー

  • 106XSiのインパネ




106 XSiスペック



プジョー106の中古車



ウィキペディア情報

プジョー・106(Peugeot 106 )は、フランスの自動車会社であるプジョーが製作した一番ベーシックラインの自動車である。
シトロエン・サクソとの姉妹車にあたる。
104の後継車で、フランス本国では1991年に登場、ヨーロッパ市場では、3ドア、5ドア、エンジンも1,000cc、1,100cc、1,300cc、1,400cc、1,500ccディーゼル、更に1,400ccのインジェクション搭載車、XSiが当初用意された(後にXSiは1,600ccに移行した)。
そして1996年のフロントマスクの変更等に伴って導入された1,600ccのDOHC16バルブを用意するという非常に充実したラインナップになっている。
なお、その1,600ccDOHCのモデル、106S16のSはフランス語で弁・バルブを意味する「Soupape」(スパップ)のSをとったグレード名である。
高められたボディ剛性もあいまってプジョーのラインナップの中でもスポーツ性の高いモデルとして人気を博した。
また、106MAXIが世界ラリー選手権に出場していたことがある。
2003年販売終了、後継車は2005年より生産されている107である。
この106は、ヨーロッパでは数限りないほどの特別仕様車が企画された。
その中でも日本でも並行輸入された有名なモデルについて記述する。
日本では1995年に106XSi(1,600cc)が限定車の形で販売され、1996年にマイナーチェンジされた後は、もっともスポーツ性の高い3ドアの1,600ccDOHCのモデル、106S16のみが輸入されている。
当時からプジョーは日本向けには右ハンドルが原則であり、イギリス向けなど右ハンドル仕様の106自体は生産されていたもの、設計上、日本向けには必須のカーエアコンを装備できず、姉妹車のシトロエン・サクソ同様やむなく左ハンドルのまま輸入された[1]。
このあたりが正規輸入車が少なかった一因である。
日本仕様S16には1998年に「日本におけるフランス年」を記念したモデルである『セリー・スペシャル1998』(250台限定)、2002年の最終輸入仕様『リミテッド』等の特別仕様車が存在した。
『セリー・スペシャル1998』には、インディゴブルー、ビアンカホワイト、チェリーレッドのフランス国旗をイメージしたボディカラーが用意された。
このうちインディゴブルーは正規輸入車にも存在したが、ビアンカホワイトは他にRallyeとリミテッドにしか存在せず、チェリーレッドにいたっては正規輸入車はもちろん、他の特別仕様車にも存在しなかったカラーで、日本においては大変希少である。

プジョー 106のニュース

ベーシックなエントリーモデル!プジョー106の魅力を徹底調査!

2015-12-04 99 Carcast ベーシックなエントリーモデル!プジョー106の魅力を徹底調査! 写真・画像

スポーティバージョンが特徴のプジョー106!プジョーの最もベーシックなエントリーモデルであり、Bセグメントに属する車です!そんなプジョー106について、いろいろな視点でチェックしてみました!106に興味がある方は要チェックです!

プジョー 106
続きを見る

【世界の自動車年鑑】 第106回 「リンカーン コンチネンタル」(1970年モデル)

2016-02-15 180 Lawrence 【世界の自動車年鑑】 第106回 「リンカーン コンチネンタル」(1970年モデル)  写真・画像

第106号は、直線的でワイドなスタイル「 リンカーン コンチネンタル 」!街中で見かけたら自然とお辞儀してしまいそうな、迫力満点

コンチネンタル リンカーン 106
続きを見る

スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 (34106)

2016-02-26 198 WebCG スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 (34106)  写真・画像

専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。
15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。

スズキ アルト FF F レビュー 5 106
続きを見る