クロノス2.0 20VG-L

クロノスの詳細スペック

 年式:1991年11月 〜 1992年02月
 参考価格:233万円
 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:1995(cc)
 エンジン型式:V型6気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):195/65R14
 タイヤサイズ(後):195/65R14
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:5.3(m)
 最大出力:160/6500
 最大トルク:18.3/5500

クロノス のリア・インパネ

  • クロノス2.0 20VG-Lのリアビュー

  • クロノス2.0 20VG-Lのインパネ




クロノス 2.0 20VG-Lスペック



マツダクロノスの中古車



ウィキペディア情報

クロノス(CRONOS )は、かつてマツダが製造販売していたセダン。
バブル景気で潤っていた国内マーケットに向け、マツダが展開した販売店多チャンネル化の核となり、それが原因となるマツダの経営難の引き金ともなった。
1991年、カペラの後継として新しいマツダのミドルクラスセダンとしてデビュー。
3ナンバー税制改変の恩恵を受けた三菱・ディアマンテなどの人気から競合車種たちが軒並み大きくなる傾向にあった中[1]、新たなGEプラットフォームが採用され、クロノスも3ナンバー/ワイドボディとなった。
このプラットフォームをベースに生まれた数々の姉妹車たちも、ユーノス500を除いて小型車枠を超えることになった。
輸出名はマツダ626で、先代のカペラと同じであったが、小型車から普通車に変わるにあたりカペラの名前を引き継ぐことはユーザーに対して不誠実という理由[2]から、他社が同様のケースでも車名の変更を行なわなかった[3]のに対し、マツダの場合は、長年親しまれたカペラの名前をクロノスに変更した。
さらにマツダ店、アンフィニ店、ユーノス店、オートザム店、オートラマ店に姉妹車を割り振り、統一した名前をつけなかったことが圧倒的な知名度不足につながり、ぜいたくなつくりを持っていたのにもかかわらず、姉妹車すべてを含めても月1万台に届かない販売台数となり、バブル崩壊に伴いマツダの経営難を引き起こしてしまった。
これがいわゆる「クロノスの悲劇」である。
クロノス登場後も5代目カペラベースの「カペラカーゴ」は生産を継続していた。
ボディタイプは3ボックスの4ドアセダンのみ。
同じフロントのマスクを持ったアンフィニ店専売のMS-6は、その5ドアモデル。
当時のマツダのスタイルの特徴で、滑らかな曲線で統一されたスタイルはボリューム感があり、それまでの日本車のスタイルの典型だったトヨタ・クラウンや日産・セドリック/グロリアのような、狭くて細長いスタイルと比べ、とても新鮮味のあるものだったが、クロノスのスタイルは、その後生まれるユーノス500やユーノス800のようにまだ熟成・洗練されておらず、そのエクステリアは、とって付けたようなグリーンハウスなど、デザイン的なまとまりをやや欠いていた。
また堂々たる3ナンバーサイズのセダン・ボディであるが、全幅の拡大分は主に、規制が強化されつつあった側面衝突安全基準への対応に費やされた。
特にアメリカの衝突安全基準=MVSSに対応しようとサイドインパクト・ビームをドア内部に装備しているため、CMで言われていたほど、室内幅は広がってはいない[4]。
また、ノーズを長く取り、キャビンは(他車よりもピラーが立ち気味ではあるが)クーペ風に絞りこむという当時のデザイントレンドを捨て切れなかったこともあって、3ナンバー化は室内空間の拡大にあまり寄与していない。
またクレフのような姉妹車も現れたが商業的に成功しなかった。
生産台数:3万4096台

マツダ のニュース

マツダ「RX-8/アテンザ」等が7万台以上の大量リコール。タカタ製エアバッグの不具合有り

2018-01-19 23 Creative Trend マツダ「RX-8/アテンザ」等が7万台以上の大量リコール。タカタ製エアバッグの不具合有り 写真・画像

自動車ニュース"Response"の記事より、マツダ・アメリカの「RX-8/アテンザ」等の6車種がリコールを発令。
リコールの内容としては、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合によるもので、タカタが米国NHTSAに、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届出た模様。
マツダは、ちょうど昨年の1月にも同様のリコールを発令しており、その際にはガス

マツダ アテンザ RX-8
続きを見る

マツダCX-5がバカ売れ!発売1ヶ月で月販目標の10ヶ月分以上の12,042台を受注

2018-01-19 60 Life in the FAST LANE マツダCX-5がバカ売れ!発売1ヶ月で月販目標の10ヶ月分以上の12,042台を受注 写真・画像

マツダがCX-8発売一ヶ月の間にて12,042台を受注し、これは月販目標1,200台の「10倍超え」である、と発表。
マツダは現在SUVとして(日本国内では)CX-3、CX-5、CX-8を持ちますが、それぞれにうまく差別化できている、と思います。
CX-3はロングノーズかつキャビンが小さくスタイリッシュで、CX-5はクラスを超える押し出しの強さを感じさせるスタイリング、そしてCX-8はフラッグシップとしてふさわしい風格を持つ、という感じですね。

マツダ cx-5
続きを見る

マツダ ロードスターの焼き芋カーが存在するらしい… これは出会ってみたい!

2018-01-19 71 ビークルナビ マツダ ロードスターの焼き芋カーが存在するらしい… これは出会ってみたい! 写真・画像

さっきたまたま ロスタで焼き芋売ってるの見かけて 思わず声かけちゃったよw pic.twitter.com/h7wjfqRmYj — ☆Leo Nakamura☆ (@RBecome) 2018年1月13日 みなとみらいで鬼いちゃんが石焼き芋を販売中ですので是非遊びに来てください(*´ω`*)予想以上に売れているので早めに切り上げるかもしれません(╹◡╹) pic.twitter.com/AGrr7wHGKo— えるろこロド芋! (@EL_Loco2018) 2018年1月1日 どうやら

マツダ ロードスター カー 存在 マジ 焼き芋
続きを見る

【ニュース】ミニバン全盛時代の終焉近づく? マツダCX-8が発売1カ月で1万2000台超えの受注獲得

2018-01-20 59 Lawrence 【ニュース】ミニバン全盛時代の終焉近づく? マツダCX-8が発売1カ月で1万2000台超えの受注獲得 写真・画像

2017年12月14日に発売された3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」の累計受注台数が1月15日時点で1万2,042台を達成。
月間販売計画1,200台に対して、実に10倍を超える受注を獲得した。

マツダCX-8は、同社が販売してきたミニバン(MPV、プレマシー、ビアンテ)に代わる新たな3列シート車として提案したクロスオーバーSUV。
現在のマツダ車の国内ラインアップとしては最上

マツダ ミニ CX-8
続きを見る

魂動が響くスポーツカー。マツダ「RX-7」をロケバニ仕様に変態カスタム

2018-01-20 71 Creative Trend 魂動が響くスポーツカー。マツダ「RX-7」をロケバニ仕様に変態カスタム 写真・画像

日本のチューナであるTRA京都が、マツダのロータリースポーツモデル「RX-7」をロケットバニー(ロケバニ)キット仕様にカスタム。
TRA京都は、過去に同社「RX-8」をロケバニ仕様にカスタムしたデモカーを公開していましたが、今回は日本古来を意識した和風テイストに仕上げています。
関連記事:ロケットバニーがマツダ「RX-8」を過激カスタム。
ロータリーを躍動させるG

マツダ RX-7
続きを見る

車のスレ立つとよくマツダは糞って言うやついるけどなんで?

2018-01-20 112 くるまにあ速報 車のスレ立つとよくマツダは糞って言うやついるけどなんで? 	 写真・画像

1: 2018/01/20(土) 08:01:59.399 ID:bKs7+UvY0 なにがダメなの? 元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516402919/0-

マツダ
続きを見る

マツダ「CX-8」月販目標10倍超え 若者に人気「3列目も座り心地いい」

2018-01-20 44 乗り物速報 マツダ「CX-8」月販目標10倍超え 若者に人気「3列目も座り心地いい」 写真・画像

マツダは19日、昨年12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の受注台数が1カ月間で1万2000台を超えたと発表した。
月間販売計画1200台の10倍を超える受注実績となる。
30代以下のユーザーが40%を占め、スタイリングや使い勝手の良さが若いカップルやファミリーに支持されているという。

SUV マツダ
続きを見る

マツダCX-5が発売してから5年 初期型はどうなったのか?

2018-01-22 32 乗り物速報 マツダCX-5が発売してから5年 初期型はどうなったのか? 写真・画像

2012年にXDを新車で購入してからトラブルも特に無くもう直ぐ5年にるところで突然ブレーキが効かなくなり 同時にエアコンも冷えなくなる不具合が発生しました。
走行距離は約47,000km位で半年毎にディーラーで点検をしていました。

マツダ cx-5
続きを見る

【動画】 竹岡 圭の気になる1台 「マツダCX-8」

2018-01-22 369 Lawrence 【動画】
竹岡 圭の気になる1台 
「マツダCX-8」 写真・画像

既報の通り、快調な受注のマツダCX-8。
累計受注台数が1月15日時点で1万2042台を達成している。
月間販売計画が1200台なので、10倍越えだ。
このクルマ、タレント&モータージャーナリストの竹岡 圭さんの眼にはどう映っているのだろう。


マツダ CX-8
続きを見る

マツダのSKYACTIV-Xはハイブリッドトレインを生み出す重要なエンジン。2019年には発表か?

2018-01-22 93 Creative Trend マツダのSKYACTIV-Xはハイブリッドトレインを生み出す重要なエンジン。2019年には発表か? 写真・画像

マツダの最新エンジン技術"SKYACTIV-X"にハイブリッド技術が搭載する可能性が浮上。
マツダと言えば、直噴ターボや可変バルブ、圧縮点火、クリーンディーゼルといったハイブリッドとはかけ離れた技術においては常に進歩しているも、その技術もやや停滞気味となっていることも確かで、テスラや日産「リーフ」のようにEVモデルに関する技術も全く展開されてい

マツダ レイ
続きを見る