クロノス2.0 20F 4WD

クロノスの詳細スペック

 年式:1992年03月 〜 1994年09月
 参考価格:203万円
 燃料:レギュラー
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):12(km/L)
 排気量:1991(cc)
 エンジン型式:直列4気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):185/70R14
 タイヤサイズ(後):185/70R14
 駆動方式:4WD
 ミッション:5MT
 最小回転半径:5.3(m)
 最大出力:125/5500
 最大トルク:17.6/4500

クロノス のリア・インパネ

  • クロノス2.0 20F 4WDのリアビュー

  • クロノス2.0 20F 4WDのインパネ




クロノス 2.0 20F 4WDスペック



マツダクロノスの中古車



ウィキペディア情報

クロノス(CRONOS )は、かつてマツダが製造販売していたセダン。
バブル景気で潤っていた国内マーケットに向け、マツダが展開した販売店多チャンネル化の核となり、それが原因となるマツダの経営難の引き金ともなった。
1991年、カペラの後継として新しいマツダのミドルクラスセダンとしてデビュー。
3ナンバー税制改変の恩恵を受けた三菱・ディアマンテなどの人気から競合車種たちが軒並み大きくなる傾向にあった中[1]、新たなGEプラットフォームが採用され、クロノスも3ナンバー/ワイドボディとなった。
このプラットフォームをベースに生まれた数々の姉妹車たちも、ユーノス500を除いて小型車枠を超えることになった。
輸出名はマツダ626で、先代のカペラと同じであったが、小型車から普通車に変わるにあたりカペラの名前を引き継ぐことはユーザーに対して不誠実という理由[2]から、他社が同様のケースでも車名の変更を行なわなかった[3]のに対し、マツダの場合は、長年親しまれたカペラの名前をクロノスに変更した。
さらにマツダ店、アンフィニ店、ユーノス店、オートザム店、オートラマ店に姉妹車を割り振り、統一した名前をつけなかったことが圧倒的な知名度不足につながり、ぜいたくなつくりを持っていたのにもかかわらず、姉妹車すべてを含めても月1万台に届かない販売台数となり、バブル崩壊に伴いマツダの経営難を引き起こしてしまった。
これがいわゆる「クロノスの悲劇」である。
クロノス登場後も5代目カペラベースの「カペラカーゴ」は生産を継続していた。
ボディタイプは3ボックスの4ドアセダンのみ。
同じフロントのマスクを持ったアンフィニ店専売のMS-6は、その5ドアモデル。
当時のマツダのスタイルの特徴で、滑らかな曲線で統一されたスタイルはボリューム感があり、それまでの日本車のスタイルの典型だったトヨタ・クラウンや日産・セドリック/グロリアのような、狭くて細長いスタイルと比べ、とても新鮮味のあるものだったが、クロノスのスタイルは、その後生まれるユーノス500やユーノス800のようにまだ熟成・洗練されておらず、そのエクステリアは、とって付けたようなグリーンハウスなど、デザイン的なまとまりをやや欠いていた。
また堂々たる3ナンバーサイズのセダン・ボディであるが、全幅の拡大分は主に、規制が強化されつつあった側面衝突安全基準への対応に費やされた。
特にアメリカの衝突安全基準=MVSSに対応しようとサイドインパクト・ビームをドア内部に装備しているため、CMで言われていたほど、室内幅は広がってはいない[4]。
また、ノーズを長く取り、キャビンは(他車よりもピラーが立ち気味ではあるが)クーペ風に絞りこむという当時のデザイントレンドを捨て切れなかったこともあって、3ナンバー化は室内空間の拡大にあまり寄与していない。
またクレフのような姉妹車も現れたが商業的に成功しなかった。
生産台数:3万4096台

マツダ のニュース

マツダがCX-5に2.5Lターボ搭載とのウワサ。「トリプルチャージャー」特許も取得し一気にターボ化?

2018-06-21 15 Life in the FAST LANE マツダがCX-5に2.5Lターボ搭載とのウワサ。「トリプルチャージャー」特許も取得し一気にターボ化? 写真・画像

マツダCX-5に「ターボエンジン」が搭載されるのでは、というウワサ。
これはカリフォルニア州(California Air Resources Board=CARB)にマツダが届け出たとされる書類からメディアが推測しているもので、書類ではCX-5に2.5リッターターボエンジンを積んでテストしている、ということを示しています。
なお、マツダは以前「(ロータリーエンジンを除くと)あまりターボが好き

マツダ cx-5 ターボ チャージャー
続きを見る

マツダ ロードスター、17%パワーアップ…米国で2019年モデル

2018-06-21 37 レスポンス マツダ ロードスター、17%パワーアップ…米国で2019年モデル 写真・画像

マツダMX-5ミアータ(ロードスター)の2019年モデルマツダの米国部門、北米マツダは6月20日、『MX-5ミアータ』(日本名:『ロードスター』)の2019年モデルを発表した。

現行ロードスターの米国向けのエンジンは、日本仕様の1.5リット...

マツダ ロードスター
続きを見る

【マツダ ロードスターRF 試乗】走り・デザイン・安全性能の進化で、幅広いユーザー層をとりこに…片岡英明

2018-06-21 87 レスポンス 【マツダ ロードスターRF 試乗】走り・デザイン・安全性能の進化で、幅広いユーザー層をとりこに…片岡英明 写真・画像

マツダ・ロードスターRFプロトタイプ1989年夏にデビューし、オープン・スポーツカー市場をけん引してきたのがマツダの『ロードスター』だ。
その4代目は「人生を楽しもう」をコンセプトに、2015年春にベールを脱いでいる。
そして16年12月、電動...

マツダ ロードスター ロードスターRF
続きを見る

マツダ ファミリアバン新型、先進安全技術を標準装備 159万3000円より

2018-06-21 82 レスポンス マツダ ファミリアバン新型、先進安全技術を標準装備 159万3000円より 写真・画像

マツダ・ファミリアバンDXマツダは、先進安全技術を標準装備する商用車『ファミリアバン』の新型モデルを6月21日より発売する。

新型ファミリアバンは、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」、「レーンディパーチャーアラート(車...

マツダ ファミリア ファミリアバン
続きを見る

マツダ「CX-5」に2.5Lターボモデルがラインナップ?11月には登場との噂も

2018-06-21 42 Creative Trend マツダ「CX-5」に2.5Lターボモデルがラインナップ?11月には登場との噂も 写真・画像

遂に「CX-5」もターボ化? マツダのミドルサイズSUVモデル「CX-5」に、排気量2.5L 直列4気筒ターボエンジンモデルがラインナップされる?との噂が浮上しています。
マツダは過去に、ガソリンタイプのターボエンジンを避け、自然吸気ないしはクリーンディーゼルに注力してきましたが、最近では海外市場にて活躍するフラッグシップSUV「CX-9」やフラッグシップセダン&

マツダ cx-5 ターボ
続きを見る

マツダ ロードスター、最新「i-ACTIVSENSE」搭載…米2019年モデル

2018-06-21 78 レスポンス マツダ ロードスター、最新「i-ACTIVSENSE」搭載…米2019年モデル 写真・画像

マツダMX-5ミアータ(ロードスター)の2019年モデルマツダの米国部門、北米マツダは6月20日、『MX-5ミアータ』(日本名:『ロードスター』)の2019年モデルに、先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

2019年モデル...

マツダ ロードスター
続きを見る

「マツダ・ファミリアバン」がフルモデルチェンジ!!!

2018-06-22 42 乗り物速報 「マツダ・ファミリアバン」がフルモデルチェンジ!!! 写真・画像

新型ファミリアバンは、マツダがトヨタからOEM供給を受けて販売する、「トヨタ・プロボックス/サクシード」の姉妹モデルである。
これまでマツダは「日産NV150 AD」をファミリアバンとして販売していたが、今回のモデルチェンジを機に供給元を変更することとなった。

トヨタ マツダ ファミリア 新型車 モデルチェンジ ファミリアバン
続きを見る

【自動車】「マツダ・ファミリアバン」がフルモデルチェンジ

2018-06-22 60 くるまにあ速報 【自動車】「マツダ・ファミリアバン」がフルモデルチェンジ 写真・画像

1: 2018/06/21(木) 21:27:53.19 ID:CAP_USER9 マツダは2018年6月21日、商用車の新型「ファミリアバン」を発売した。
新型ファミリアバンは、マツダがトヨタからOEM供給を受けて販売する、「トヨタ・プロボックス/サクシード」の姉妹モデルである。
これまでマツダは「

マツダ ファミリア ファミリアバン
続きを見る

ドリフトチャレンジ!KTM 450 SX-F vs マツダ MX-5ミアータ。ラリー王者 vs フラットトラックの女王!

2018-06-23 381 動画ライダー ドリフトチャレンジ!KTM 450 SX-F vs マツダ MX-5ミアータ。ラリー王者 vs フラットトラックの女王! 写真・画像

元プロダクションカー世界ラリー優勝者Andreas Aigner選手とオーストリアフラットトラック選手Yasmin Poppenreiter選手によるフラットトラック・ドリフトタイムアタックが公開!マシンはマツダMX-5ミアータとKTM45


マツダ ラリー KTM
続きを見る

2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシェ911

2018-06-23 91 Life in the FAST LANE 2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシェ911 写真・画像

調査会社、JDパワーが年一回の品質調査報告を発表。
これによると、今年のサマリーは下記の通り。
・すべての指標で数値(品質)が改善され、自動車の品質は年々高くなっている ・ポルシェ911がもっとも高品質なクルマである(48/100) ・アメリカの自動車メーカー(クライスラー、フォード、GM)の品質改善は平均値よりも優れている ・インフォテイメントシステム

マツダ ポルシェ
続きを見る