リンカーンコンチネンタルの評価・価格・燃費からグレードを選ぶ

コンチネンタル 年式:1999年02月 〜 2003年07月

コンチネンタルの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):8(km/L)
 排気量:4600(cc)
 エンジン型式:V型8気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):225/60R16
 タイヤサイズ(後):225/60R16
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:6.3(m)
 最大出力:279/5750
 最大トルク:38/4750

コンチネンタル のリア・インパネ

  • コンチネンタル4.6のリアビュー

  • コンチネンタル4.6のインパネ

535万4.6



コンチネンタル 年式:1998年05月 〜 1999年01月

コンチネンタルの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):7.5(km/L)
 排気量:4600(cc)
 エンジン型式:V型8気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):225/60R16
 タイヤサイズ(後):225/60R16
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:6.3(m)
 最大出力:264/5500
 最大トルク:37.3/4500

コンチネンタル のリア・インパネ

  • コンチネンタル4.6のリアビュー

  • コンチネンタル4.6のインパネ

526万4.6



コンチネンタル 年式:1996年11月 〜 1998年04月

コンチネンタルの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):7.1(km/L)
 排気量:4600(cc)
 エンジン型式:V型8気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):225/60ZR16
 タイヤサイズ(後):225/60ZR16
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:6.3(m)
 最大出力:264/5750
 最大トルク:36.6/4750

コンチネンタル のリア・インパネ

  • コンチネンタル4.6のリアビュー

  • コンチネンタル4.6のインパネ

499万4.6



コンチネンタル 年式:1995年11月 〜 1996年10月

コンチネンタルの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):7.1(km/L)
 排気量:4600(cc)
 エンジン型式:V型8気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):225/60ZR16
 タイヤサイズ(後):225/60ZR16
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:6.3(m)
 最大出力:260/5750
 最大トルク:36.6/4750

コンチネンタル のリア・インパネ

  • コンチネンタル4.6のリアビュー

  • コンチネンタル4.6のインパネ

499万4.6



コンチネンタル 年式:1992年11月 〜 1995年10月

コンチネンタルの詳細スペック

 燃料:レギュラー
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:3787(cc)
 エンジン型式:V型6気筒OHV
 タイヤサイズ(前):205/70R15
 タイヤサイズ(後):205/70R15
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:5.8(m)
 最大出力:160/4400
 最大トルク:31.1/3000

コンチネンタル のリア・インパネ

  • コンチネンタルシグネチャーのリアビュー

  • コンチネンタルシグネチャーのインパネ






リンカーンコンチネンタルの中古車


リンカーン コンチネンタルのニュース

ベントレー「コンチネンタルGT」4ドア版、次期型で「マジックカーペット」さらになめらかに!|Spyder7(スパイダーセブン)

2017-11-13 56 スクープ ベントレー「コンチネンタルGT」4ドア版、次期型で「マジックカーペット」さらになめらかに!|Spyder7(スパイダーセブン) 写真・画像

11月19日、鈴鹿サーキットで開催されるヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」で、究極のスーパーカー、パガーニ『ゾンダ・レボリューション』とマクラーレン『P1 LM』が走行を披露する。

ベントレー コンチネンタルGT スパイダー コンチネンタル
続きを見る

【ニュース】新型ベントレー コンチネンタル GT3 レースカー発表、2018年シーズンを席巻か

2017-11-14 98 Lawrence 【ニュース】新型ベントレー コンチネンタル GT3 レースカー発表、2018年シーズンを席巻か 写真・画像

ベントレーモータースポーツが、2018年シーズンを戦うニューマシン、“ベントレー コンチネンタル GT3”を発表した。
過去4年戦った第1世代のコンチネンタル GT3は全世界528レースで120回、表彰台に上がり、そのうち45回は優勝を飾っているが、この第2世代のニューマシンにはさらなる活躍が期待される。

ベントレー コンチネンタル
続きを見る

ベントレー・コンチネンタルGT3発表。ノーマル比-944キロ、カーボンボディで戦闘準備完了

2017-11-16 64 Life in the FAST LANE ベントレー・コンチネンタルGT3発表。ノーマル比-944キロ、カーボンボディで戦闘準備完了 写真・画像

ベントレーが新型コンチネンタルGT3を発表。
これは今年8月に発表された新型コンチネンタルをベースにした競技用車両ですが、フロントの巨大なカーボン製スプリッター、そしてやはり巨大なリアウイングが大迫力。
公道走行可能なコンチネンタルGTのエンジンはW12/6リッターツインターボですが、このコンチネンタルGT3は4リッターV8エンジンを採用。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル
続きを見る

マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕

2017-11-25 29 Spyder7 マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 写真・画像

ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。
撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル コンチネンタルGTC
続きを見る

マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕|

2017-11-25 121 スクープ マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕| 写真・画像

ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。
撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

ベントレー コンチネンタルGT スパイダー コンチネンタル コンチネンタルGTC
続きを見る

【タイヤ】コンチネンタル「マックスコンタクトMC6」2018年2月より発売【新商品】

2017-12-05 38 Lawrence 【タイヤ】コンチネンタル「マックスコンタクトMC6」2018年2月より発売【新商品】 写真・画像

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、アジア太平洋地域のマーケットをターゲットに開発した第6世代製品「MaxContact MC6(マックスコンタクト・エムシー・シックス)」を2018年2月より発売する。
発売サイズは42サイズで価格はオープンプライス。

コンチネンタル
続きを見る

ベントレーが新型コンチネンタルGT[ファースト・エディション」発表。オイルキャップは宝石仕上げ

2017-12-05 74 Life in the FAST LANE ベントレーが新型コンチネンタルGT[ファースト・エディション」発表。オイルキャップは宝石仕上げ 写真・画像

ベントレーが新型コンチネンタルGTの発売を記念し、「最初の限定車」となる"ファースト・エディション"を発表。
その内容として、主なものは22インチホイール(仕上げはいくつかの中から選べる)、宝石がはめ込まれたオイルフィラーキャップ、ユニオンジャックがあしらわれたプレート、専用のキックプレートなど。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル
続きを見る