アヴェンタドールLP700-4 4WD

アヴェンタドールの詳細スペック

 年式:2011年09月 〜 2014年03月
 参考価格:3,905万円
 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:6498(cc)
 エンジン型式:V型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):255/35ZR19
 タイヤサイズ(後):335/30ZR20
 駆動方式:4WD
 ミッション:7AT
 最小回転半径:-
 最大出力:
 最大トルク:

アヴェンタドール のリア・インパネ

  • アヴェンタドールLP700-4 4WDのリアビュー

  • アヴェンタドールLP700-4 4WDのインパネ




アヴェンタドール LP700-4 4WDスペック



ランボルギーニアヴェンタドールの中古車



ウィキペディア情報

アヴェンタドール(Aventador )は、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが製造するスーパーカーである。
車名はスペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した雄牛の名にちなむ[1]。
2011年に市販化された。
2010年をもって生産が終了したムルシエラゴの後継車種として[2]、2011年3月1日より開催されたジュネーヴショー2011にて正式に発表された[1]。
会場で披露されたのはオレンジ、ライトグレー、マットホワイトの3色。
デザイナーは、フィリッポ・ペリーニ。
エンジンフードカバーのデザインは、カメムシの外観から発想を得たもの[3]。
フロントやリア周りの意匠は、2007年に公開されたムルシエラゴ・ベースの限定車レヴェントンと、2008年に公開されたコンセプトカー・エストーケと共通性を感じさせるものとなっている。
カーボンファイバーモノコックを採用し、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV12となっている。
トランスミッションはマニュアルを廃止しセミオートのみとなった(メーカーとしても性能向上のためこの車種以降マニュアルは搭載しない考えである)。
2012年、ジュネーヴショーにおいてオープントップのワンオフモデル「アヴェンタドールJ(イオタ)」が発表された[4]。
ショー終了後に「幸運なオーナー」の許へ届けられる。
『J』はたった1台のみ製作され、後に事故で喪失したランボルギーニ・イオタに由来する。
2012年11月12日(現地時間)、先代のムルシエラゴに続きロードスターモデルとして「アヴェンタドールLP 700-4 ロードスター」が発表された(日本国内価格4660万3200円)。
2013年、ドバイでパトカーに採用された[5]。
日本国内では2011年9月から販売された[6]。
2011年11月29日、ランボルギーニ ジャパンは東京都の国立競技場で記者発表会を開催した。
研究開発担当ディレクターであるマウリツィオ・レジャーニは「アヴェンタドールは競合他社の2世代先を行くもの。
すべての内容を再定義した。
過去からのものをすべて否定し、ゼロベースで作った」と、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ボディーのすべてが新開発であることをアピールした[7]。
日本での価格は、当初4100万2500円だったが2012年8月1日に4197万3750円と改定された[8]。
2013年の上海モーターショーにて発表された[9][10]。
これは、ランボルギーニの創業50周年を記念するモデルであり、世界限定200台の生産となる[10]。
モデル名の「720」が示す通り、ベースグレードのエンジンはチューンアップされて720psを発生し、0 - 100km/h加速は2.9秒・最高速度は350km/hというとてつもないパフォーマンスを誇る[9][10]。
日本国内では、エンターテイナーのGACKTや元プロ野球選手の山﨑武司やランボルギーニカスタムのカリスマ・諸星伸一などが所有者として知られ、メディアでも紹介されている。
2015年のジュネーヴ・モーターショーにて発表された、ランボルギーニの上位モデルに伝統的に冠される「SV」を戴いた限定モデル[11]。
引き続き採用されるV12エンジンは、更なるパワーアップが図られており、車名が表す通りに750psを発生させる。
その実力は、0 - 100km/h加速が2.8秒・最高速度が350km/h超というものであり、アニヴェルサリオをも上回る圧倒的な能力である[11]。
同年8月、SVを社名に持つモデルとしては初のオープンモデルとなる「ロードスター」が発表された[12]。
0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は350km/h以上(公称値。
アメリカの雑誌の最高速データでは370km/hも記録されている。
[要出典])に達する。
ハンドリングの向上に注力した設計になっている。
4WDだが、前後の駆動力配分は、0:100から40:60まで変化する。
センターコンソールにパフォーマンスセレクターがあり、一般公道での走行に適した弱アンダーの「ストラーダ」モード、シフトフィールが鋭くなる「スポーツ」モード、サーキットでの走行に適し、凶暴な加速が体感できる「コルサ」モードの3種類から走りの特性を選択できる。
シザースドアが特徴的である。
ランボルギーニにあこがれを持った宮城県の梱包資材会社が2015年5月から仕事の合間や休日に製作した、強化段ボール製の実物大模型。
本物のアヴェンタドールにそっくりとTwitterで話題になってマスコミからの取材が殺到し、ついには東京都港区の正規販売店「ランボルギーニ麻布」からも絶賛の言葉と協力の申し出が届いた結果、上司を説得した同店の担当者が宮城県出身という理由も手伝って、東日本大震災による被害から復興した女川町の商店街での展示に、オープン日の同年12月23日限定で同店から輸送されたアヴェンタドールの実車も並ぶこととなった[13]。

ランボルギーニ のニュース

【ニュース】ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがイギリス「サンデータイムス」の2018年カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2018-10-17 40 Lawrence 【ニュース】ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがイギリス「サンデータイムス」の2018年カー・オブ・ザ・イヤーを受賞 写真・画像

2018年10月12日、イギリスの新聞サンデータイムス紙による2018年カー・オブ・ザ・イヤー「モーターアワード2018」にランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ クーペ/スパイダーが選出され、その授賞式がイギリス・ロンドンで行われた。

ランボルギーニ ウラカン
続きを見る

【動画】ランボルギーニが公式で「アヴェンタドールSVJのアクティブエアロ」作動原理を解説。エアロベクタリングはこうする

2018-10-17 210 Life in the FAST LANE 【動画】ランボルギーニが公式で「アヴェンタドールSVJのアクティブエアロ」作動原理を解説。エアロベクタリングはこうする 写真・画像

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは現在のところ「ニュルブルクリンク最速」王座に就いていますが、それに大きく貢献しているのがアクティブエアロシステム「ALA=Aerodinamica Lamborghini Attiva」。
これはウラカン・ペルフォルマンテに初搭載され、そしてやはりウラカン・ペルフォルマンテもポルシェ911GT2RSに抜かれるまでは「ニュルブルクリンク王者」でしたね。


ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

ランボルギーニのハイブリッドハイパーカー・LB48Hの正式名称は「Unico(ユニコ)」に決定。ちなみに「Unico」ってどういう意味?

2018-10-18 100 Creative Trend ランボルギーニのハイブリッドハイパーカー・LB48Hの正式名称は「Unico(ユニコ)」に決定。ちなみに「Unico」ってどういう意味? 写真・画像

「LB48H」の正式名称は「Unico(ユニコ)」にて決定 ランボルギーニが世界限定63台のみ販売したハイブリッドハイパーカー・LB48Hの正式名称が「Unico(ユニコ)」である...

ランボルギーニ LB48H Unico ユニコ
続きを見る

一番速いのはどれだ?ニュル市販車最速のポルシェ「911GT2RS」やランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」らがドラッグレースバトル【動画有】

2018-10-19 390 Creative Trend 一番速いのはどれだ?ニュル市販車最速のポルシェ「911GT2RS」やランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」らがドラッグレースバトル【動画有】 写真・画像

何とも豪華なドラッグレースバトルが開催 ドイツ・ニュルブルクリンクにて、市販車最速記録を更新したランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」や、その記録を更に更新したポルシェ「91...


フェラーリ ポルシェ ランボルギーニ マクラーレン ドラッグレース ウラカン
続きを見る

一体どっちが速い?ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」とマクラーレン「720S」が0-270km/hスピードバトル【動画有】

2018-10-19 276 Creative Trend 一体どっちが速い?ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」とマクラーレン「720S」が0-270km/hスピードバトル【動画有】 写真・画像

遂にニュル最速モデルと帝王がバトル ドイツ・ニュルブルクリンクにて、市販車最速記録を見事更新したランボルギーニ最後のハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」と、ドラッグレース・無...


ランボルギーニ アヴェンタドール マクラーレン 720S アヴェンタドールSVJ
続きを見る

北米の正規ディーラーにて、ランボルギーニ・ウラカンのレース用車両が2000万円で販売中。この価格はまさに「バーゲン」

2018-10-20 5 Life in the FAST LANE 北米の正規ディーラーにて、ランボルギーニ・ウラカンのレース用車両が2000万円で販売中。この価格はまさに「バーゲン」 写真・画像

ランボルギーニの正規ディーラー「ランボルギーニ・パームビーチ(たぶん世界最大規模)」にて、ウラカンのレーシングカー「ウラカン・スーパートロフェオ」の2016年モデルが販売中。
「ウラカン・スーパートロフェオ」はランボルギーニが開催するウラカンのワンメイクレース用の車両で、現在はそのアップデート版「ウラカン・スーパートロフェオEvo」へとスイッ

ランボルギーニ ウラカン
続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールを800馬力に仕上げたチューナー登場!ホイールはカーボンフェイス

2018-10-21 74 Life in the FAST LANE ランボルギーニ・アヴェンタドールを800馬力に仕上げたチューナー登場!ホイールはカーボンフェイス 写真・画像

ドイツのチューナー、ホイールズアンドモア(Wheelsandmore=WAM)がランボルギーに・アヴェンタドールSロードスターのカスタムを公開。
このカスタムプログラムにはS-PRESSO(エスプレッソ)と名付けられ、まさに「凝縮された」イメージも。
なお、出力は740馬力から一気に800馬力にまでパワーアップしていますが、アヴェンタドールSのエンジンはターボとは異なってパワーアップが難しい自然吸気。

ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

アメリカにて、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」が大炎上。明らかにエンジンが原因のようだ【動画有】

2018-10-21 404 Creative Trend アメリカにて、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」が大炎上。明らかにエンジンが原因のようだ【動画有】 写真・画像

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」初の炎上? 10月19日(金)、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンの公立図書館近くの交差点にて、ランボルギーニのハイパフォーマンスモデ...


アメリカ ランボルギーニ ウラカン スパイダー ペルフォルマンテ
続きを見る

ゼロヨンタイムはランボルギーニやフェラーリと同等!テスラのモータにてEV化したホンダS2000が登場

2018-10-21 6 Life in the FAST LANE ゼロヨンタイムはランボルギーニやフェラーリと同等!テスラのモータにてEV化したホンダS2000が登場 写真・画像

ホンダS2000をEV化してしまった魔改造車が登場。
バッテリーパックはシボレー・ボルトから(しかも2つ)、そしてモーターはテスラ・モデルS P100Dからひとつを移植。
なお、このホンダS2000のオーナーがなぜ「世界最高の4気筒エンジン」とも言われる高回転型エンジンであるF22Cを捨て去ったのかは全くの不明です。
ただ、今回EVへのコンバートを実施した結果、ノーマル

ホンダ テスラ フェラーリ ランボルギーニ S2000
続きを見る

足元だけでこんなにも印象が違う!ステルスチックに仕上げたランボルギーニ「アヴェンタドールS」が登場

2018-10-22 1 Creative Trend 足元だけでこんなにも印象が違う!ステルスチックに仕上げたランボルギーニ「アヴェンタドールS」が登場 写真・画像

シンプルにカスタムした「アヴェンタドールS」が登場 ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」をアフターパーツメーカがシンプルにカスタム。
「アヴェンタドールS」は...

ランボルギーニ アヴェンタドール アヴェンタドールS EVSモーターズ
続きを見る