ランボルギーニディアブロの評価・価格・燃費からグレードを選ぶ

ディアブロ 年式:1998年11月 〜 2001年11月

ディアブロの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:5992(cc)
 エンジン型式:V型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):235/35ZR18
 タイヤサイズ(後):335/30ZR18
 駆動方式:MR
 ミッション:5MT
 最小回転半径:-
 最大出力:575/7300
 最大トルク:64.2/5500

ディアブロ のリア・インパネ

  • ディアブロGTのリアビュー

  • ディアブロGTのインパネ

3,750万GT
2,550万VT 4WD
2,250万SV





ランボルギーニディアブロの中古車


ランボルギーニ ディアブロのニュース

まさかの高額車両。「ディアブロSE30」に採用されたパープルカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が販売中

2018-04-08 60 Creative Trend まさかの高額車両。「ディアブロSE30」に採用されたパープルカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が販売中 写真・画像

カナダ・モントリオールランボルギーニディーラにて、何とも珍しいパープルカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が販売中。
今回中古車市場にて登場しているパープルカラーの「アヴェンタドールSV」は、過去に販売された30周年記念モデル「ディアブロSE30」の特別イメージカラー"Lambo 30th Metallic(パープルメタリック)"と全く同じカラーを採用していま

ランボルギーニ アヴェンタドール ディアブロ
続きを見る

ランボルギーニ・ディアブロSE30をイメージしたアヴェンタドールSVがモントリオールで販売中

2018-04-14 87 Life in the FAST LANE ランボルギーニ・ディアブロSE30をイメージしたアヴェンタドールSVがモントリオールで販売中 写真・画像

ランボルギーニ・モントリオールにて、非常に珍しい「パープル」のランボルギーニ・アヴェンタドールSVが販売中。
近年のランボルギーニというとレッドやイエロー、オレンジ、ブルー、グリーンが人気で、パープルは「少数派」。
ただしかつての限定モデル、(ジャミロクワイのミュージックビデオで有名になった)ディアブロSE30が「パープル」を採用しており、こ

ランボルギーニ アヴェンタドール ディアブロ
続きを見る

レゴアイデアに新製品続々。ランボルギーニ・ディアブロ、ミウラ、ヴェネーノも登場

2018-04-27 35 Life in the FAST LANE レゴアイデアに新製品続々。ランボルギーニ・ディアブロ、ミウラ、ヴェネーノも登場 写真・画像

一定の支持が集まれば商品化されるという「レゴアイデア(LEGO Ideas)」。
これはレゴに情熱を傾ける人々が自作のレゴ作品やアイデアを投稿し、それに対して一般の人が支援を行う、というもの。
レゴはこれまでもアウディやポルシェとのコラボレーションを行ったり、フェラーリF1やフォード・マスタングほか数々の車のプロモーションに参加していることでも知られます。

ランボルギーニ ディアブロ アイ
続きを見る

開発費用5億円。世界でたった1台のみのランボルギーニ「ディアブロJGT-1」が5.6億円にて販売中

2018-06-05 147 Creative Trend 開発費用5億円。世界でたった1台のみのランボルギーニ「ディアブロJGT-1」が5.6億円にて販売中 写真・画像

ランボルギーニ「ディアブロ・シリーズ」の中で最も新しく、最もクレイジーといわれる「ディアブロJGT-1」が中古車インターネットサイト・カーセンサーにて5.6億円にて販売中。
こちらの個体、1997年に世界限定2台のみ製造されたレーシング車両「ディアブロGT-1」をベースに、2001年にJLOC(Japan Lamborghini Owner's Club)がJGTC(Japan GT Championship)に参戦するためにフランスにて5

ランボルギーニ ディアブロ
続きを見る

【動画】アルファロメオ博物館、ザガート博物館はレアカー揃い。幻の「スーパーディアブロ」も

2018-06-20 408 Life in the FAST LANE 【動画】アルファロメオ博物館、ザガート博物館はレアカー揃い。幻の「スーパーディアブロ」も 写真・画像

スーパーカー系ユーチューバー、effspot氏がアルファロメオ歴史博物館、ザガートの工場を訪問し動画を公開。
まずはアルファロメオからですが、こちらは1968年に発表されたコンセプトカー「カラーボ(カラボ/Carabo)」。
デザインはベルトーネ(マルチェロ・ガンディーニ)で、ドアはガルウイング(シザースドア)。
1960-70年代はこういったウェッジシェイプを持つク


ディアブロ
続きを見る

こんなコンセプトカーもあった。ディアブロのシャシーを使用したブガッティW18/3シロン

2018-06-24 405 Life in the FAST LANE こんなコンセプトカーもあった。ディアブロのシャシーを使用したブガッティW18/3シロン 写真・画像

1999年にブガッティが公開したコンセプトカー、ブガッティW18/3シロン。
文字通りエンジンはW18、そしてシャシーにはランボルギーニ・ディアブロVT(4WD)を使用しており、デザインを見ても分かる通りこれが後のヴェイロンに繋がる、ということになりそう。
なお排気量は6.3リッター、出力は555馬力、最高速度は時速330キロ以上。
「W18/3はW型18気筒、エンジンのバンクが3つある」ことに由来しています。


ブガッティ ディアブロ
続きを見る

これ覚えてる?ランボルギーニ「ディアブロ」の後継予定だった「カント・コンセプト」【動画有】

2018-07-12 375 Creative Trend これ覚えてる?ランボルギーニ「ディアブロ」の後継予定だった「カント・コンセプト」【動画有】 写真・画像

コンセプトカー「カント」のデザイナーは何と日本人! ランボルギーニのフラッグシップモデル「ディアブロ」の後継モデルといえば「ムルシエラゴ」ですが、元々後継モデルとして登場予定だったのがザガートの原田則彦 氏がデザインした「カント・コンセプト(P147)」でした。
1990年代後半までに、「ディアブロ」が製造されて10周年に近づき、ランボルギーニは新た


ランボルギーニ ディアブロ
続きを見る

2001年モデルのランボルギーニ「ディアブロ」が約880万円にて販売中。ナゼこんなに安いのか?

2018-07-20 30 Creative Trend 2001年モデルのランボルギーニ「ディアブロ」が約880万円にて販売中。ナゼこんなに安いのか? 写真・画像

何とも破格のランボルギーニ「ディアブロ」が販売中 ランボルギーニ「ディアブロ」といえば、同社フラッグシップモデル「カウンタック」の後継として登場し、中古車相場にして約2,000万円...

ランボルギーニ ディアブロ 中古車
続きを見る

「次期ディアブロ」として発売直前だった「ランボルギーニ・カント」。発売キャンセルの理由とは?

2018-07-23 399 Life in the FAST LANE 「次期ディアブロ」として発売直前だった「ランボルギーニ・カント」。発売キャンセルの理由とは? 写真・画像

ザガートがデザインした「ディアブロ後継モデル」、"Canto(カント)"ことスーパーディアブロ(1998)。
コードネームは「L147」とされる場合と「P147」とされる場合があるようです。
なお、Cantoはイタリア語で「歌」の意味。
エンジンは6リッターV12(640馬力)、後輪駆動、6速トランスミッション、最高速度は350km/hで、デザインは当時ザガートに在籍していた原田則彦氏、とされています。


ランボルギーニ ディアブロ
続きを見る

違いがわからん!本物そっくりなランボルギーニ・ディアブロ6.0が900万円で販売中

2018-07-27 5 Life in the FAST LANE 違いがわからん!本物そっくりなランボルギーニ・ディアブロ6.0が900万円で販売中 写真・画像

約900万円にてランボルギーニ・ディアブロ6.0のレプリカが販売中。
正直どう見ても本物にしか見えないクオリティで、その出来栄えには驚かされるばかりです。
なお、ディアブロ6.0は2000年に発売された「ディアブロ最終モデル(厳密に言うと"ディアブロSE"が最後)」。
ディアブロ自体は、ランボルギーニがクライスラー傘下にあった頃に発売されたフラッグシ

ランボルギーニ ディアブロ
続きを見る