インサイト1.5 エクスクルーシブ XL

インサイトの詳細スペック

 年式:2011年11月 〜 2013年04月
 参考価格:214万円
 燃料:レギュラー
 燃費(JC08):23.2(km/L)
 燃費(10・15モード):26.5(km/L)
 排気量:1496(cc)
 エンジン型式:直列4気筒SOHC
 タイヤサイズ(前):185/60R15
 タイヤサイズ(後):185/60R15
 駆動方式:FF
 ミッション:CVT
 最小回転半径:5(m)
 最大出力:
 最大トルク:

インサイト のリア・インパネ

  • インサイト1.5 エクスクルーシブ XLのリアビュー

  • インサイト1.5 エクスクルーシブ XLのインパネ




インサイト 1.5 エクスクルーシブ XLスペック



ホンダインサイトの中古車



ウィキペディア情報

インサイト(Insight)は、かつて本田技研工業が生産、販売したハッチバック型のハイブリッドカーである。
2006年7月に一度生産・販売を終了したが、約2年7か月後の2009年2月に、コンセプトを大幅に変更し新型ハイブリッド戦略車として復活したが、2014年3月に生産・販売を終了した。
1997年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「J-VX」を市販車にアレンジし登場した「インサイト」は、世界最高水準の低燃費を目指し、かつてのCR-Xを彷彿させるコンパクトなハッチバッククーペ型の2人乗りで、特徴的な外観であるレーシングカーさながらのリアホイールスカート[1]を採用するなど、徹底した空気抵抗低減のためのデザインが施され、Cd値は0.25を誇っていた[2]。
このようなデザインは後に発表されるハイブリッドカーに大きな影響を与えた。
車体は、NSXの技術をさらに進化させたアルミフレーム[3]で、フロントフェンダー等にはバラードスポーツ CR-Xと同様に樹脂材が採用されている[4]。
搭載される原動機は、ECA型 995cc 直列3気筒 SOHC VTECエンジンとアシスト用薄型DCブラシレスモーターで、ホンダはこのシステムにIMAという名前をつけている。
走行時には必ずエンジンが動作しているという点が、広義の「パラレル型(構造的にはシリアル(直列接続)ではある)」ハイブリッドシステムである。
トランスミッションは、5速MTとCVTが用意される。
ヨーロッパ仕様はギヤ比が異なり、サードギヤ5,800rpmで最高速180km/hに到達した(『80年代輸入車のすべて』三栄書房 91頁参照)。
先代とは、ハッチバックの形状やリアのエクストラウィンドウなどは共通だが、5人乗り5ドアであることやリアホイールスカートが無いなどの点が異なる。
先代の生産終了から多少ブランクが空いているとは言え、同一車名でのフルモデルチェンジでボディ形状まで大幅に変化した稀なケースである。
当初は別の車名を付ける予定であったが、北米や欧州の現地法人の意見や現地での「インサイト」という言葉から受けるイメージを考慮し、「インサイト」としたという経緯がある。
スタイルはライバルの「トヨタ・プリウス」に対抗するために5ドアハッチバックになった。
プリウスが3ナンバーなのに対し、こちらは5ナンバーに留まった[9]。
コストダウンのため初代のアルミフレームボディを採用せず、既存のフィットなどのコンポーネントをベースに極限まで軽量化を施した。
同社他機種と部品をおよそ1万点共通化し、ニッケル水素バッテリーは初代の20本(7.2V×20本=144V)、2代目シビックハイブリッドの11本(14.4V×11本=158V)に対し、性能を向上させた結果7本(14.4V×7本=100V)までに削減するなど徹底した効率化を図った。
その結果、価格は北米市場でベースモデルで2万ドル、日本市場でベースグレードとなる「G」はオーディオ・レスながら車体価格180万円(消費税込189万円)で発売された。
信号待ちなどで停車する時にアイドリングを自動で停止する「オートアイドルストップ」を含むホンダIMAを駆動システムの基本とし、実用燃費の向上を目指してエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)が全車に標準装備されている。
これは、既に4代目オデッセイ等で採用されているECONモード[10]に加え、アクセルやブレーキの操作でスピードメータの背景色であるアンビエントメーターの色が変化してリアルタイムに燃料消費状況を意識させることで低燃費運転に寄与する「コーチング機能」と、メーター内のマルチインフォメーション・ディスプレイ画面内で燃費運転をリアルタイムで採点し、リーフのアイコンでその日のエコドライブ度やその日までの累計のステージ表示を知らせる「ティーチング機能」を備えている。
この「ティーチング機能」は、オプションの「Honda HDDインターナビシステム」と組み合わせることで、より詳しい情報を知ることもできる。
搭載されるIMAを構成するエンジン部分はLDA型 1,339cc 直列4気筒 SOHC i-VTEC i-DSIエンジンで、シビックハイブリッドと同型式であるが、i-VTECは可変シリンダーシステム(VCM)としてのみ機能する。
VCMにより全気筒を休止させ、2代目シビックハイブリッドと同様に、モーター動力のみによる走行も多少可能になった。
組み合されるトランスミッションは、初代とは異なりCVTのみである。
カリフォルニア大気資源局(CARB)が認定するAT-PZEV(Advanced Technology - Partial Credit Zero Emission Vehicle:ゼロ排出ガス車として部分換算される先進技術搭載車)の条件を満たすためにはモーター出力が10kW以上でなければならないために、バッテリは7本で電圧は100.8Vとされている。
グレードは標準モデル「G」、プロジェクタータイプのHIDヘッドランプ、本革巻ステアリングホイール、リアセンターアームレストなどを装備した上級仕様の「L」、7スピードモード付ホンダマルチマティックS[11]やアルミホイール、VSAを装備したスポーティモデル「LS」の3グレードが用意された。
また、インサイトには高級車で採用された静粛性の優れたガラスが採用された。
Cd値は0.28である[12]。
2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、インサイトは「グリーンマシーン1号」である。
[13]Honda Green Machine Special Siteには、筧昌也が監督したショートムービーが公開されている。
2008年12月11日から12月13日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2008に出展され、2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行なわれるHonda Green Machine企画展には、CR-Z コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。
1.3Lモデルは「G」と「L」、1.5Lモデルの「エクスクルーシブ」は「XG」、「XL」、「XL・インターナビセレクト」が設定されている。
エクスクルーシブ XL・インターナビ セレクト エクスクルーシブ XL・インターナビ セレクト(リヤ) 欧州仕様 エコプロダクツ2008で初披露されたインサイト 発光ダイオードを用いた前照灯 リア エンジンルーム 後部に搭載している蓄電池 千葉県警察のパトロールカー 初代はかつてNSX専用の生産工場として建設されたホンダ栃木製作所高根沢工場で、NSXやS2000とともに生産されていた。
2004年4月にホンダの完成車一貫生産構想に基づき全3車種とも高根沢工場での生産を中止し、ホンダ鈴鹿製作所の少量車種専用ライン、TDラインへ生産を移管された。
その後、2006年7月に生産を終了した。
2代目は鈴鹿製作所で生産される。

ホンダ のニュース

トロロッソ・ホンダ甘口コラム シンガポールGP編:信頼性の向上をみせるホンダPU

2018-09-25 32 AUTO SPORT web トロロッソ・ホンダ甘口コラム シンガポールGP編:信頼性の向上をみせるホンダPU 写真・画像

 トロロッソ・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。
レースごとに、週末のトロロッソ・ホンダのコース内外の活躍を批評します。
F1第15戦シンガポールGPを、甘口の視点でジャッジ。

————————————
 相...

ホンダ
続きを見る

[連載 ホンダ・トリビアの泉!? その16] ホンダの誕生日っていつなの・・・?

2018-09-25 352 Lawrence [連載 ホンダ・トリビアの泉!? その16]  ホンダの誕生日っていつなの・・・? 写真・画像

ホンダにまつわる豆知識を紹介する当連載第16回目。
オジサン、オバサンになると、誕生日を迎えることを素直に喜べなくなったりするものですが(苦笑)、やっぱり皆から祝ってもらえる誕生日というものは、かけがえない記念日にかわりありません。
ところで皆さんは、ホンダこと「本田技研工業株式会社」の誕生日がいつか、ご存知でしょうか?


ホンダ
続きを見る

ホンダ シビック がフェイスリフト、先進運転支援とコネクトも最新に…米2019年型

2018-09-25 49 レスポンス ホンダ シビック がフェイスリフト、先進運転支援とコネクトも最新に…米2019年型 写真・画像

ホンダ・シビック・セダンの2019年モデル●3年過ぎて大幅改良
ホンダの米国部門、アメリカンホンダは9月24日、『シビック・セダン』(Honda Civic Sedan)の2019年モデルの詳細を発表した。

現行『シビック』は10世代目モデ...

ホンダ シビック
続きを見る

【トロロッソ・ホンダF1コラム】ライバルとのマシン性能差が露呈か、シンガポールGPの惨敗で見えた厳しい現実

2018-09-26 63 AUTO SPORT web 【トロロッソ・ホンダF1コラム】ライバルとのマシン性能差が露呈か、シンガポールGPの惨敗で見えた厳しい現実 写真・画像

 中団グループトップを争うという期待を持って臨んだF1第15戦シンガポールGPだったが、トロロッソ・ホンダは完全なる惨敗に終わった。
そこから見えてきたのは、予想以上に厳しい現実だ。

 金曜フリー走行ではアタックラップでのハイパーソフトタイヤ...

ホンダ F1
続きを見る

【F1日本GP】レッドブル・エナジードリンク「トロロッソ・ホンダ オリジナル缶」の販売決定

2018-09-26 44 鈴鹿サーキット[PR] 【F1日本GP】レッドブル・エナジードリンク「トロロッソ・ホンダ オリジナル缶」の販売決定 写真・画像

鈴鹿サーキットのプレスリリース(2018年9月26日 13時23分) F1日本GP レッドブル・エナジードリンク[トロロッソ・ホンダ オリジナル缶]の販売決定

ホンダ F1
続きを見る

トロロッソ・ホンダデザインのレッドブル缶、F1日本GP期間中に鈴鹿サーキットで限定販売

2018-09-26 51 AUTO SPORT web トロロッソ・ホンダデザインのレッドブル缶、F1日本GP期間中に鈴鹿サーキットで限定販売 写真・画像

 鈴鹿サーキットで10月4~8日に開催される『2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 Honda日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会』の期間中、レッドブル・エナジードリンクの限定デザイン『トロロッソ・ホンダ オリジナル缶』の発...

ホンダ F1
続きを見る

レッドブルエナジードリンク「トロロッソ ホンダ オリジナル缶」販売決定 F1日本GP

2018-09-26 6 レスポンス レッドブルエナジードリンク「トロロッソ ホンダ オリジナル缶」販売決定 F1日本GP 写真・画像

レッドブル・エナジードリンク トロロッソ・ホンダ オリジナル缶鈴鹿サーキットで10月4日から8日に開催される「F1日本GP 鈴鹿30回記念大会」にて、レッドブル・エナジードリンクの「トロロッソ・ホンダ オリジナル缶」の販売が決定した。

レッ...

ホンダ F1
続きを見る

ホンダ、交通渋滞や衝突を減らす「コネクテッド高速道路」を発表へ…オートモビリティLA

2018-09-26 24 レスポンス ホンダ、交通渋滞や衝突を減らす「コネクテッド高速道路」を発表へ…オートモビリティLA 写真・画像

オートモビリティLAの公式サイトロサンゼルスモーターショー(Los Angeles Auto Show)の主催団体は9月25日、11月に米国で開催される「オートモビリティLA」(AutoMobility LA)の一部出展内容を発表した。

オ...

ホンダ
続きを見る