インサイト1.5 エクスクルーシブ XG

インサイトの詳細スペック

 年式:2011年11月 〜 2013年04月
 参考価格:198万円
 燃料:レギュラー
 燃費(JC08):23.2(km/L)
 燃費(10・15モード):26.5(km/L)
 排気量:1496(cc)
 エンジン型式:直列4気筒SOHC
 タイヤサイズ(前):185/60R15
 タイヤサイズ(後):185/60R15
 駆動方式:FF
 ミッション:CVT
 最小回転半径:5(m)
 最大出力:
 最大トルク:

インサイト のリア・インパネ

  • インサイト1.5 エクスクルーシブ XGのリアビュー

  • インサイト1.5 エクスクルーシブ XGのインパネ




インサイト 1.5 エクスクルーシブ XGスペック



ホンダインサイトの中古車



ウィキペディア情報

インサイト(Insight)は、かつて本田技研工業が生産、販売したハッチバック型のハイブリッドカーである。
2006年7月に一度生産・販売を終了したが、約2年7か月後の2009年2月に、コンセプトを大幅に変更し新型ハイブリッド戦略車として復活したが、2014年3月に生産・販売を終了した。
1997年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「J-VX」を市販車にアレンジし登場した「インサイト」は、世界最高水準の低燃費を目指し、かつてのCR-Xを彷彿させるコンパクトなハッチバッククーペ型の2人乗りで、特徴的な外観であるレーシングカーさながらのリアホイールスカート[1]を採用するなど、徹底した空気抵抗低減のためのデザインが施され、Cd値は0.25を誇っていた[2]。
このようなデザインは後に発表されるハイブリッドカーに大きな影響を与えた。
車体は、NSXの技術をさらに進化させたアルミフレーム[3]で、フロントフェンダー等にはバラードスポーツ CR-Xと同様に樹脂材が採用されている[4]。
搭載される原動機は、ECA型 995cc 直列3気筒 SOHC VTECエンジンとアシスト用薄型DCブラシレスモーターで、ホンダはこのシステムにIMAという名前をつけている。
走行時には必ずエンジンが動作しているという点が、広義の「パラレル型(構造的にはシリアル(直列接続)ではある)」ハイブリッドシステムである。
トランスミッションは、5速MTとCVTが用意される。
ヨーロッパ仕様はギヤ比が異なり、サードギヤ5,800rpmで最高速180km/hに到達した(『80年代輸入車のすべて』三栄書房 91頁参照)。
先代とは、ハッチバックの形状やリアのエクストラウィンドウなどは共通だが、5人乗り5ドアであることやリアホイールスカートが無いなどの点が異なる。
先代の生産終了から多少ブランクが空いているとは言え、同一車名でのフルモデルチェンジでボディ形状まで大幅に変化した稀なケースである。
当初は別の車名を付ける予定であったが、北米や欧州の現地法人の意見や現地での「インサイト」という言葉から受けるイメージを考慮し、「インサイト」としたという経緯がある。
スタイルはライバルの「トヨタ・プリウス」に対抗するために5ドアハッチバックになった。
プリウスが3ナンバーなのに対し、こちらは5ナンバーに留まった[9]。
コストダウンのため初代のアルミフレームボディを採用せず、既存のフィットなどのコンポーネントをベースに極限まで軽量化を施した。
同社他機種と部品をおよそ1万点共通化し、ニッケル水素バッテリーは初代の20本(7.2V×20本=144V)、2代目シビックハイブリッドの11本(14.4V×11本=158V)に対し、性能を向上させた結果7本(14.4V×7本=100V)までに削減するなど徹底した効率化を図った。
その結果、価格は北米市場でベースモデルで2万ドル、日本市場でベースグレードとなる「G」はオーディオ・レスながら車体価格180万円(消費税込189万円)で発売された。
信号待ちなどで停車する時にアイドリングを自動で停止する「オートアイドルストップ」を含むホンダIMAを駆動システムの基本とし、実用燃費の向上を目指してエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)が全車に標準装備されている。
これは、既に4代目オデッセイ等で採用されているECONモード[10]に加え、アクセルやブレーキの操作でスピードメータの背景色であるアンビエントメーターの色が変化してリアルタイムに燃料消費状況を意識させることで低燃費運転に寄与する「コーチング機能」と、メーター内のマルチインフォメーション・ディスプレイ画面内で燃費運転をリアルタイムで採点し、リーフのアイコンでその日のエコドライブ度やその日までの累計のステージ表示を知らせる「ティーチング機能」を備えている。
この「ティーチング機能」は、オプションの「Honda HDDインターナビシステム」と組み合わせることで、より詳しい情報を知ることもできる。
搭載されるIMAを構成するエンジン部分はLDA型 1,339cc 直列4気筒 SOHC i-VTEC i-DSIエンジンで、シビックハイブリッドと同型式であるが、i-VTECは可変シリンダーシステム(VCM)としてのみ機能する。
VCMにより全気筒を休止させ、2代目シビックハイブリッドと同様に、モーター動力のみによる走行も多少可能になった。
組み合されるトランスミッションは、初代とは異なりCVTのみである。
カリフォルニア大気資源局(CARB)が認定するAT-PZEV(Advanced Technology - Partial Credit Zero Emission Vehicle:ゼロ排出ガス車として部分換算される先進技術搭載車)の条件を満たすためにはモーター出力が10kW以上でなければならないために、バッテリは7本で電圧は100.8Vとされている。
グレードは標準モデル「G」、プロジェクタータイプのHIDヘッドランプ、本革巻ステアリングホイール、リアセンターアームレストなどを装備した上級仕様の「L」、7スピードモード付ホンダマルチマティックS[11]やアルミホイール、VSAを装備したスポーティモデル「LS」の3グレードが用意された。
また、インサイトには高級車で採用された静粛性の優れたガラスが採用された。
Cd値は0.28である[12]。
2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、インサイトは「グリーンマシーン1号」である。
[13]Honda Green Machine Special Siteには、筧昌也が監督したショートムービーが公開されている。
2008年12月11日から12月13日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2008に出展され、2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行なわれるHonda Green Machine企画展には、CR-Z コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。
1.3Lモデルは「G」と「L」、1.5Lモデルの「エクスクルーシブ」は「XG」、「XL」、「XL・インターナビセレクト」が設定されている。
エクスクルーシブ XL・インターナビ セレクト エクスクルーシブ XL・インターナビ セレクト(リヤ) 欧州仕様 エコプロダクツ2008で初披露されたインサイト 発光ダイオードを用いた前照灯 リア エンジンルーム 後部に搭載している蓄電池 千葉県警察のパトロールカー 初代はかつてNSX専用の生産工場として建設されたホンダ栃木製作所高根沢工場で、NSXやS2000とともに生産されていた。
2004年4月にホンダの完成車一貫生産構想に基づき全3車種とも高根沢工場での生産を中止し、ホンダ鈴鹿製作所の少量車種専用ライン、TDラインへ生産を移管された。
その後、2006年7月に生産を終了した。
2代目は鈴鹿製作所で生産される。

ホンダ のニュース

「GT-R」に勝利して調子づいてるホンダ「NSX」がランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトル【動画有】

2018-09-24 372 Creative Trend 「GT-R」に勝利して調子づいてるホンダ「NSX」がランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトル【動画有】 写真・画像

「NSX」の次なる獲物は? 先日、日本を代表する二大スーパースポーツモデルのホンダ「NSX」と日産「GT-R」がドラッグレースバトルを繰り広げ、かなり僅差ではありますが何とか勝利を...


NSX ホンダ GT-R ランボルギーニ ドラッグレース ウラカン
続きを見る

ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第14戦アラゴンGP 決勝レポート

2018-09-24 8 AUTO SPORT web ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第14戦アラゴンGP 決勝レポート 写真・画像

アティラプワパがアラゴンGP決勝で24位
鳥羽は26位
Rd.14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン
2018年9月23日(日)
コンディション:ドライ
気温:26℃ 路面:35℃
 Honda Team Asiaのナカリン・アティ...

ホンダ MotoGP
続きを見る

イデミツ・ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第14戦アラゴンGP 決勝レポート

2018-09-24 27 AUTO SPORT web イデミツ・ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第14戦アラゴンGP 決勝レポート 写真・画像

アラゴンGPで長島がトップ15フィニッシュ
パウィは27位完走
Rd.14 アラゴンGP/モーターランド・アラゴン
2018年9月23日(日)
コンディション:ドライ
気温:28℃ 路面:41℃
 全21周で争われた2018年シーズン第1...

ホンダ MotoGP
続きを見る

えっ、早くね?!9月21日に販売したばかりの丸目仕様・ホンダ「S660ネオクラシック」が転売に。価格はかなりやり過ぎの約437万円

2018-09-24 53 Creative Trend えっ、早くね?!9月21日に販売したばかりの丸目仕様・ホンダ「S660ネオクラシック」が転売に。価格はかなりやり過ぎの約437万円 写真・画像

発売して僅か3日目…「S660ネオ・クラシック」が早くも転売に 先日、ホンダの純正オプションとして、クラシカルな外観を持つことが可能な「S660ネオ・クラシック」キットが9月21日...

ホンダ S660 中古車 ネオクラシック
続きを見る

ホンダ・新型「シビック・セダン/シビック・クーペ」の詳細が遂に公開。価格は約220万円から

2018-09-25 91 Creative Trend ホンダ・新型「シビック・セダン/シビック・クーペ」の詳細が遂に公開。価格は約220万円から 写真・画像

遂に「シビック」がアップデート 来月10月10日より新たにアップデートされるホンダの新型「シビック・セダン/シビック・クーペ」の詳細情報並びに価格が明らかに。
今回の新型「シビック...

ホンダ セダン クーペ シビック クー
続きを見る

不滅のホンダ・スポーツアイコン「CB-F」のすべてをココに!『ロードライダー』Vol.440(2018年9月22日)

2018-09-25 58 bike bros 不滅のホンダ・スポーツアイコン「CB-F」のすべてをココに!『ロードライダー』Vol.440(2018年9月22日) 写真・画像

不滅のホンダ・スポーツアイコン「CB-F」のすべてをココに!『ロードライダー』Vol.440(2018年9月22日)

ホンダ アイ
続きを見る

ホンダコレクションホールが特別走行を実施…市販製品70台「懐かしい」「ドキドキ」「すごい」

2018-09-25 98 レスポンス ホンダコレクションホールが特別走行を実施…市販製品70台「懐かしい」「ドキドキ」「すごい」 写真・画像

ホンダコレクションホール開館20周年記念市販製品特別走行(2018年9月24日)ホンダコレクションホールは9月24日、開館20周年を記念した市販製品特別走行を実施。
7月に続いて2回目の開催となったこの日は70台のホンダ車両がデモンストレーシ...

ホンダ
続きを見る

真打ち、登場。F1日本GPを前にCASIO EDIFICEとトロロッソ、ホンダのコラボレーションモデルが完成

2018-09-25 30 AUTO SPORT web 真打ち、登場。F1日本GPを前にCASIO EDIFICEとトロロッソ、ホンダのコラボレーションモデルが完成 写真・画像

 今年の春、ホンダF1の再出発を祝うイベントが六本木ヒルズで行われたのはファンの記憶にも新しいところ。
その際に開発中であることが公表された「Honda Racing」とのコラボレーションモデルが、とうとう姿を現した。
もちろん、大好評のトロロ...

ホンダ F1
続きを見る

トロロッソ・ホンダ甘口コラム シンガポールGP編:信頼性の向上をみせるホンダPU

2018-09-25 32 AUTO SPORT web トロロッソ・ホンダ甘口コラム シンガポールGP編:信頼性の向上をみせるホンダPU 写真・画像

 トロロッソ・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。
レースごとに、週末のトロロッソ・ホンダのコース内外の活躍を批評します。
F1第15戦シンガポールGPを、甘口の視点でジャッジ。

————————————
 相...

ホンダ
続きを見る

[連載 ホンダ・トリビアの泉!? その16] ホンダの誕生日っていつなの・・・?

2018-09-25 352 Lawrence [連載 ホンダ・トリビアの泉!? その16]  ホンダの誕生日っていつなの・・・? 写真・画像

ホンダにまつわる豆知識を紹介する当連載第16回目。
オジサン、オバサンになると、誕生日を迎えることを素直に喜べなくなったりするものですが(苦笑)、やっぱり皆から祝ってもらえる誕生日というものは、かけがえない記念日にかわりありません。
ところで皆さんは、ホンダこと「本田技研工業株式会社」の誕生日がいつか、ご存知でしょうか?


ホンダ
続きを見る