クライスラーストラトスの評価・価格・燃費からグレードを選ぶ

ストラトス 年式:1995年12月 〜 1997年12月

ストラトスの詳細スペック

 燃料:レギュラー
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):9.4(km/L)
 排気量:2497(cc)
 エンジン型式:V型6気筒SOHC
 タイヤサイズ(前):185/65R15
 タイヤサイズ(後):185/65R15
 駆動方式:FF
 ミッション:4AT
 最小回転半径:5.6(m)
 最大出力:160/5950
 最大トルク:21.7/4400

ストラトス のリア・インパネ

  • ストラトスLXのリアビュー

  • ストラトスLXのインパネ

279万LX
249万LE





クライスラーストラトスの中古車


クライスラー のニュース

伝説のラリカー「ランチア・ストラトス」がヒルクライムレースに出場!動画が世界中で話題に

2016-11-17 565 carnny 伝説のラリカー「ランチア・ストラトス」がヒルクライムレースに出場!動画が世界中で話題に 写真・画像

伝説のラリカーと称される1970年代のWRC(世界ラリー選手権)を代表するラリーカー「ランチア・ストラトス」。
未だに多くのファンを抱える名車がイタリアのヒルクライムレースに登場し世界中で大きな話題を呼んでいます。


ランチア ストラトス ルクラ
続きを見る

[スーパーカークロニクル]第6回:ランチア・ストラトス

2017-03-30 133 WebCG [スーパーカークロニクル]第6回:ランチア・ストラトス 写真・画像

「ストラトス」の鮮烈なスタイリングは、いまなお見る者から言葉を奪うほどのインパクトがある。
しかしこのデザインは、見せるためのものではなく、ラリーを戦うために研ぎ澄まされたものであることを忘れてはならない。

ランチア ストラトス
続きを見る

奥山清行氏最新モデル「kode 0」公式公開。「ストラトス・ゼロ、フェラーリ・モデューロを現代に」

2017-08-19 141 Life in the FAST LANE 奥山清行氏最新モデル「kode 0」公式公開。「ストラトス・ゼロ、フェラーリ・モデューロを現代に」 写真・画像

マルチェロ・ガンディーニ氏の作品としてランボルギーニ・カウンタック、ランチア・ストラトス・ゼロ、ピニンファリーナではフェラーリ・モデューロをそのインスピレーションの源として挙げていますが、「ストラトス・ゼロ(STRATOS ZERO)」はこんな感じ。
おそらくはKode0をオーダーした顧客がストラトス・ゼロを強く意識し、その再現を求めたのでしょうね(ボディカラーも似ていて、サイドの「>」形状デザインもそっくり)。

フェラーリ ストラトス
続きを見る

「時代よりも先に行っていた」車6選が動画で紹介。ミウラ、ストラトス、GTO、マイナーなスタウトなど

2016-12-07 110 Life in the FAST LANE 「時代よりも先に行っていた」車6選が動画で紹介。ミウラ、ストラトス、GTO、マイナーなスタウトなど 写真・画像

その車が誕生した時期よりも先に行っていた」車7選が動画にて公開。
まずはランボルギーニ・ミウラですが、これは「初」のミドシップスーパーカー。
今となってはスーパーカー=ミドシップという図式が一般的ですが、当時は大排気量エンジンをミドに搭載することによる問題のほうが大きく、その意味ではミウラがこれに挑戦した意味は大きい、と思います。


ストラトス
続きを見る

ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」をアリタリア・ラリーカー風にカスタム。ランチア「ストラトス」を思わせる再現っぷり

2017-09-01 80 Creative Trend ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」をアリタリア・ラリーカー風にカスタム。ランチア「ストラトス」を思わせる再現っぷり 写真・画像

ランボルギーニのフラッグシップ・ハイパフォーマンスモデル「アヴェンタドールSV」を、アリタリア・ラリーカー風にカスタムした個体が登場。
この個体は、世界ラリー選手権(WRC)にて優勝することを目的に製造されたランチア「ストラトス」をベースにカスタムされたもので、ホワイトベースにしたボディカラーにグリーンやボルドー、そしてイエローとブラウンの中

ランボルギーニ ランチア アヴェンタドール ラリー ストラトス
続きを見る