ベントレーコンチネンタルフライングスパーの評価・価格・燃費からグレードを選ぶ

コンチネンタルフライングスパー 年式:2008年05月 〜 2013年06月

コンチネンタルフライングスパーの詳細スペック

 燃料:ハイオク
 燃費(JC08):-
 燃費(10・15モード):-
 排気量:5998(cc)
 エンジン型式:W型12気筒DOHC
 タイヤサイズ(前):275/35ZR20
 タイヤサイズ(後):275/35ZR20
 駆動方式:4WD
 ミッション:6AT
 最小回転半径:-
 最大出力:
 最大トルク:

コンチネンタルフライングスパー のリア・インパネ

  • コンチネンタルフライングスパースピード 4WDのリアビュー

  • コンチネンタルフライングスパースピード 4WDのインパネ

2,490万スピード 4WD
2,409万スピード 4WD
2,145万6.0 4WD





ベントレーコンチネンタルフライングスパーの中古車


ベントレー コンチネンタルフライングスパーのニュース

ベントレー・コンチネンタルGT3発表。ノーマル比-944キロ、カーボンボディで戦闘準備完了

2017-11-16 62 Life in the FAST LANE ベントレー・コンチネンタルGT3発表。ノーマル比-944キロ、カーボンボディで戦闘準備完了 写真・画像

ベントレーが新型コンチネンタルGT3を発表。
これは今年8月に発表された新型コンチネンタルをベースにした競技用車両ですが、フロントの巨大なカーボン製スプリッター、そしてやはり巨大なリアウイングが大迫力。
公道走行可能なコンチネンタルGTのエンジンはW12/6リッターツインターボですが、このコンチネンタルGT3は4リッターV8エンジンを採用。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル
続きを見る

ブガッティ、ランボルギーニ、ベントレーがEV発売との噂。ポルシェ・ミッションEの車体を活用

2017-11-17 70 Life in the FAST LANE ブガッティ、ランボルギーニ、ベントレーがEV発売との噂。ポルシェ・ミッションEの車体を活用 写真・画像

フォルクスワーゲン・アウディグループはそのEVラインアップを急激に拡大する意向で、フランクフルト・モーターショーにおいても「ロードマップE」を発表。
これは「50のEV、30のプラグインハイブリッド」、つまり合わせて80のエレクトリックモデルを発売すると公表していますが、この中にはブガッティ、ベントレー、ポルシェ、ランボルギーニも含まれる模様。

ベントレー ポルシェ ランボルギーニ ブガッティ
続きを見る

マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕

2017-11-25 29 Spyder7 マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 写真・画像

ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。
撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル コンチネンタルGTC
続きを見る

マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕|

2017-11-25 121 スクープ マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕| 写真・画像

ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。
撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

ベントレー コンチネンタルGT スパイダー コンチネンタル コンチネンタルGTC
続きを見る

価格3.9億円、ベントレー自身による「ミュルザンヌのオープンモデル」が19台限定にて発売

2017-11-26 363 Life in the FAST LANE 価格3.9億円、ベントレー自身による「ミュルザンヌのオープンモデル」が19台限定にて発売 写真・画像

ドバイにて、ベントレー・ミュルザンヌをオープンに改装した「グランドコンバーチブル」が公開に。
ミュルザンヌはベントレーのラインアップの中では今ひとつ影の薄い存在ですが、もっとも安価なモデルでも価格3470万円を誇るベントレーのフラッグシップモデル。
これまでも様々な限定モデルが制作され、中国では「億」を超えるスペシャルバージョンも登場しています。


ベントレー ミュルザンヌ
続きを見る

未来に通じるものがある。ベントレーが1920年代に向けた謎のコンセプトモデル「バーキンEV」を公開。

2017-11-26 79 Creative Trend 未来に通じるものがある。ベントレーが1920年代に向けた謎のコンセプトモデル「バーキンEV」を公開。 写真・画像

1919年に設立したベントレーは、もうすぐ100周年を迎えるわけですが、ここにきて1920年代にル・マン耐久レースにて優勝した時代への敬意を表することを目的に、謎の電気自動車モデル「バーキンEV」を公開しました。
このイメージデザインは、ベントレーデザイナーのIgnacio Mallku氏が担当したもので、「バーキンEV・スポーツクーペ」という名称を受け、2シータタイプと

ベントレー バーキン
続きを見る

さらに上質!ベントレー新型フライングスパー最新情報!発売日と価格、スペックは

2017-11-27 327 車好きの勝手な妄想 さらに上質!ベントレー新型フライングスパー最新情報!発売日と価格、スペックは 写真・画像

ベントレーの4ドアサルーンであるフライングスパーがフルモデルチェンジに向け開発されているとの情報が入ってきました。
最新の性能とスタイルをもって登場する新型フライングスパーのスペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。


ベントレー フライングスパー
続きを見る

ベントレー、EV仕様となる謎のコンセプトモデル「バーキンEV」を公開

2017-11-28 398 carnny ベントレー、EV仕様となる謎のコンセプトモデル「バーキンEV」を公開 写真・画像

ベントレーから謎のEVコンセプトモデル「バーキンEV」が公開されました!スケッチ画像を確認すると、いい意味でベントレーらしさがないシンプルな一台が描かれています。
2019年に設立100周年を迎えるベントレーですが、水面下で何かが行われている...?


ベントレー バーキン
続きを見る

エルトン・ジョンが25年も所有していた希少なベントレーが競売に。生産わずか431台

2017-12-01 72 Life in the FAST LANE エルトン・ジョンが25年も所有していた希少なベントレーが競売に。生産わずか431台 写真・画像

サー・エルトン・ジョンの乗っていたベントレーがオークションに登場予定。
これは1959年モデル「ベントレーS1 コンチネンタル・スポーツ・サルーン」で431台のみが製造されたもの。
ボディワークは「マリナー」によるもので、現在ではもっとも高価な車のひとつに数えられるようですね。
なお、サー・エルトン・ジョンはかなりの車好きでも知られ、これまでにも同

ベントレー
続きを見る

ベントレーが新型コンチネンタルGT[ファースト・エディション」発表。オイルキャップは宝石仕上げ

2017-12-05 74 Life in the FAST LANE ベントレーが新型コンチネンタルGT[ファースト・エディション」発表。オイルキャップは宝石仕上げ 写真・画像

ベントレーが新型コンチネンタルGTの発売を記念し、「最初の限定車」となる"ファースト・エディション"を発表。
その内容として、主なものは22インチホイール(仕上げはいくつかの中から選べる)、宝石がはめ込まれたオイルフィラーキャップ、ユニオンジャックがあしらわれたプレート、専用のキックプレートなど。

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル
続きを見る