アストンマーティンの車を探す | アストンマーティンの新着中古車を見る

  • アストンマーティンDB11の販売車種
    DB11

    価格
     2,203〜2,399万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2016年09月

  • アストンマーティンDB9の販売車種
    DB9

    価格
     2,214〜2,613万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2015年06月

  • アストンマーティンDB9ヴォランテの販売車種
    DB9ヴォランテ

    価格
     2,400〜2,400万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2015年06月

  • アストンマーティンV12ヴァンテージの販売車種
    V12ヴァンテージ

    価格
     2,134〜2,173万
    燃費JC08
     〜
    燃費10・15
     〜
    販売開始2014年04月



アストンマーティンの中古車


アストンマーティン V8のニュース

アストンマーティンCEO「フェラーリ「488GTB」の対抗モデルを2021年まで公開する」

2018-01-07 45 Creative Trend アストンマーティンCEO「フェラーリ「488GTB」の対抗モデルを2021年まで公開する」 写真・画像

以前から噂されているアストンマーティンのミドシップモデル。
このモデルは、フェラーリ「488GTB」やランボルギーニ「ウラカン」、マクラーレン「720S」といったミドシップ&中型エンジンタイプとして登場することが期待されていますが、どうやら2021年までに投入する計画の模様。
アストンマーティンCEOのアンディ・パーマー氏は、Motorsportに関するインタビューにお

フェラーリ アストンマーティン 488GTB
続きを見る

フィスカー・エモーションの市販モデル公開。アストンマーティンとのパクリ訴訟はどうなった?

2018-01-11 64 Life in the FAST LANE フィスカー・エモーションの市販モデル公開。アストンマーティンとのパクリ訴訟はどうなった? 写真・画像

何かと話題の多い、元アストンマーティン/BMWのデザイナー、ヘンリク・フィスカー氏が世に送り出すEV「イーモーション(EMotion)」がラスベガスで開催されるCESにて公開。
USAトゥデイによると、一回の充電あたり走行距離は約640キロ、価格は129,000ドル(1500万円くらい)。
出力は700馬力、駆動方式は4WDを採用する、とのこと。

アストンマーティン フィスカー
続きを見る

疲れそうなくらい内装が真っ赤な「アストンマーティン・ラゴンダ・タラフ」がドバイにて販売中。

2018-01-12 34 idea web tools 疲れそうなくらい内装が真っ赤な「アストンマーティン・ラゴンダ・タラフ」がドバイにて販売中。 写真・画像

2014年にアストンマーティンが発表した超高級サルーン「ラゴンダ・タラフ」は、スポーツカーやスーパーカーの印象が強い「アストンマーティン」のラインアップの中でも、中東のお金持ち向けにリリースされたラグジュアリー志向のクルマのため、日本では全く馴染みのないモデルだと思います。
そんな「ラゴンダ・タラフ」の走行距離0kmの未使用車、しかも内装が乗

アストンマーティン
続きを見る

アストンマーティンがテスラ・ロードスターに対抗するスーパースポーツEV発売について語る

2018-01-12 69 Life in the FAST LANE アストンマーティンがテスラ・ロードスターに対抗するスーパースポーツEV発売について語る 写真・画像

アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏が新型テスラ・ロードスターに対抗するハイパフォーマンスEV発売の計画についてメディアに語った模様。
Auto Expressから「ヴァンテージよりもコンパクトで速いEV発売の可能性はあるか」と尋ねられた際、アンディ・パーマー氏がその可能性について「ありうる」と述べた、とされています。

ロードスター テスラ アストンマーティン
続きを見る

2017年通じての輸入車登録ランキング。成長率ではアストンマーティンがダントツでNo.1

2018-01-13 68 Life in the FAST LANE 2017年通じての輸入車登録ランキング。成長率ではアストンマーティンがダントツでNo.1 写真・画像

日本輸入車組合(JAIA)の発表した、2017年通年での輸入車登録。
月ごとの登録台数についてはすでに公開済みですが、今回は「通年」となっています。
なお、ここでのランキングではフォードなど日本への輸入を行わなくなったメーカー、トヨタ/日産/ホンダなど日本の自動車メーカーが海外で生産し、日本へと輸入したものは除外。

アストンマーティン
続きを見る

アストンマーティンが9年ぶりに販売台数記録更新。2014年にやってきた新CEOの効果てきめん

2018-01-13 25 Life in the FAST LANE アストンマーティンが9年ぶりに販売台数記録更新。2014年にやってきた新CEOの効果てきめん 写真・画像

アストンマーティンが2008年以来、9年ぶりに販売台数の記録を更新。
2017年には5,117台の車両をデリバリーしたとされ、これは前年比で58%もの増加。
この好調な業績を背景にアストンマーティンは具体的に株式を上場させる準備を開始したとされ、その時価総額は約450億、と見積もられています。

アストンマーティン
続きを見る

アストンマーティン・次期型「ヴァンキッシュ」の開発車両を捕捉。9月には発表か

2018-01-16 23 Creative Trend アストンマーティン・次期型「ヴァンキッシュ」の開発車両を捕捉。9月には発表か 写真・画像

アストンマーティンのエントリーモデルとなる「ヴァンテージ」がフルモデルチェンジを果たす一方で、その上位モデルに位置する「ヴァンキッシュ」もフルモデルチェンジを迎えるわけですが、早くもウィンターテスト走行中の開発車両を捕捉。
今回捕捉されている開発車両は、まだまだカモフラージュは分厚くどのようなデザインにて登場するかは不明となっていま

アストンマーティン ヴァンキッシュ
続きを見る

アストンマーティンのミドシップスポーツは2021年登場。レッドブルと共同開発、モロにフェラーリとマクラーレンを追撃

2018-01-19 103 Life in the FAST LANE アストンマーティンのミドシップスポーツは2021年登場。レッドブルと共同開発、モロにフェラーリとマクラーレンを追撃 写真・画像

アストンマーティンが「ミドシップスポーツ」を計画していることはすでに公表済みですが、今回アンディ・パーマーCEOより「2021年にそれは登場するだろう」と語られた模様。
フェラーリ488GTB、マクラーレン720S、そしてランボルギーニ・ウラカンがそのターゲットになると思われますが、これらターゲットについても明確に指摘されたようで、アストンマーティンの本気度が伺えます。

フェラーリ マクラーレン アストンマーティン
続きを見る

新型アストンマーティン・ヴァンテージ最新スパイフォト。テールランプは新形状?

2018-01-19 84 Life in the FAST LANE 新型アストンマーティン・ヴァンテージ最新スパイフォト。テールランプは新形状? 写真・画像

頻繁にそのテスト風景が目撃される新型アストンマーティン・ヴァンキッシュ。
それだけ「発表時期が近づいている」ということになりそうですが、ウワサによると新型ヴァンキッシュは「(通常ラインアップで)アストン・マーティン最速」になるばかりか、このセグメントにおいて「最もパフォーマンスに特化したグランドツアラーになる」とのこと。

アストンマーティン ヴァンテージ
続きを見る

2/3(土)~4(日)は石川県産業展示館にて金沢輸入車ショウ2018へ。マクラーレンやアストンマーティン等の外車120台が集まるぞ!

2018-01-20 84 Creative Trend 2/3(土)~4(日)は石川県産業展示館にて金沢輸入車ショウ2018へ。マクラーレンやアストンマーティン等の外車120台が集まるぞ! 写真・画像

さて、昨年に引き続き今年も2/3(土)~2/4(日)に石川県産業展示館4号館にて、金沢輸入車ショウ2018が開催されます(HPはコチラ)。
金沢輸入車ショウ2018では、石川にある輸入車ディーラ19ブランド(合計120台)が石川産業展示館に一挙に勢ぞろいし、各ディーラのフラッグシップモデルからエントリーモデルまでが出展されます。
※昨年の「金沢輸入車ショウ2017」の出展風景は

マクラーレン アストンマーティン
続きを見る