ヨシムラSERTがトップ、TSRホンダは4周差。一時2番手のYARTヤマハがリタイア/2021EWC第1戦ル・マン24時間 12時間経過後

2021-06-13 07:04

ヨシムラSERTがトップ、TSRホンダは4周差。一時2番手のYARTヤマハがリタイア/2021EWC第1戦ル・マン24時間 12時間経過後

 6月12~13日、フランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで開催されているFIM世界耐久選手権(EWC)2021シーズン第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースが現地時間12日正午にスタートしてから12時間が経過した。現在トップはヨシムラSERTMotulで、2番手が4ラップ遅れのF.C.C.TSRHondaFrance、3番手は5ラップ遅れのWEBIKESRCKAWASAKIFRANCETRICKSTARが続いている。

気になるニュースの詳細はこちら👇

詳しく記事の内容を見る

FIM EWC第1戦ル・マン24時間の関連記事まとめ
2021-06-13 07:04 109 AUTO SPORT webのニュースまとめ

全角30文字以上4000文字以内

関連ニュース

【動画】車・バイクニュース

【動画だから100倍楽しめる】YouTube車・バイク動画(すべて見る)

見て楽しむニュース

【動画だから100倍楽しめる】見て楽しむ車・バイクニュース(すべて見る)

【速報】車・バイクニュース

完全無料で話題の車・バイクニュースがすぐに読める(すべて見る)

【話題】今話題の動画

SNSで1000いいね!以上の話題の動画(すべて見る)