ウイリアムズF1のラティフィ、チームのミスで30秒のタイム加算ペナルティ「僕にはどうすることもできなかった」

 ウイリアムズF1チームのニコラス・ラティフィは、第6戦アゼルバイジャンGP決勝で、セーフティカー出動中の規則違反により、30秒のタイムペナルティを受けた。しかし、無線記録によって、チームからの指示が適切になされなかったことが明らかになっている。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第7戦フランスGP(ル・キャステレ)の関連記事まとめ

2021-06-10 15:10 150
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る