スズキ「バンディット1250/S」を解説! 専用の水冷エンジンを搭載し欧州の速度レンジにも対応した大型ネイキッド【絶版バイク紹介】

スズキ「バンディット1250」「バンディット1250S」の概要 SUZUKI BANDIT1250S エンジン形式:水冷4ストローク・DOHC4バルブ並列4気筒 内径×行程(総排気量):79.0×64.0㎜(1062cc) 最高出力:100PS/7500rpm 最大トルク:10.9kg-m/3500rpm ミッション:6速リターン ブレーキ前・後:ダブルディスク・ディスク 全長×全幅×全高:2130×790×1235mm タイヤサイズ 前・後:120/70ZR17・180/55ZR17 燃料タンク容量:19L ホイールベース:1485mm 乾燥重量:229kg 当時の発売価格:102万9000円 ※諸元はS・2007年モデル 世界戦略車として、速さと扱いやすさを両立 2006年9月に油冷エンジンのファイナルモデルが発売された翌年、専用の水冷ユニットを搭載したバンディット1250が登場...

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-08 08:30 139
オートバイのニュースまとめ

ストーリー動画で見る