「油冷エンジン」を搭載したスズキのビッグネイキッドを3台紹介!【絶版バイク解説】

スズキ「GSF1200」(GV75A・1995~1999年) ●油冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒● 1156cc ● 97PS/8500rpm ●9.8kg-m/4000rpm ● 208㎏●120/70ZR17・180/55ZR17 ● 79万8000円 ※諸元の並び順:●エンジン形式●排気量●最高出力●最大トルク●乾燥重量●タイヤサイズ前・後●発売当時の新車価格(以下同じ) 小型かつ軽量ボディにパワフルな油冷ユニットを搭載 スズキはネイキッドブームの回答として、GSF1200を1995年に発売。「走りのネイキッド」を謳ってリアにリンク式モノショックを採用し、車体のコンパクト化を進めることで208kgの乾燥重量を達成している。 GSX-R1100のエンジンをベースにボアを1mm拡大して排気量を1156ccとし、カムの変更やキャブレターの小径化、排気系の見直し、低圧縮比化により当...

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-01 08:30 127
オートバイのニュースまとめ

ストーリー動画で見る