「レブル250」はなぜ売れ続けるのか? ホンダモーターサイクルジャパンが語ったヒットの秘密【二輪車新聞より】

2017年にグローバルモデルとしてホンダから発売されたレブル。国内では軽二輪の250ccと小型二輪クラスの500ccをラインアップする(2021年にはレブル1100シリーズも登場)が、軽二輪モデルは同クラスで2位を大きく引き離すだけではなく、2020年は単一モデルでは二輪車全体で最多となる年間1万3000台の販売台数を記録(二輪車新聞集計・原付クラス除く)。直近10年間に発売された二輪車では大ヒット商品と言ってもよい。レブルの商品力の強さを、販売会社であるホンダモーターサイクルジャパン(HMJ)の担当者に聞いた。文:二輪車新聞 野里卓也

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-10 17:30 90
オートバイのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

ホンダ