<全日本ロードレース> JP2は雨でも晴れでもCBR速いっ!
~レースは笠井悠太が3連勝!

土曜日、雨のなか行なわれたJP250クラス。2016年スタート、5年目を迎える「市販250ccスポーツ最強決定戦」ですが、このクラスは2017年にCBR250RRがデビューしてから、19年まで3連覇中。なかでも18-19年チャンピオンの笠井悠太(TEAMテック2&YSS)が「絶対王者」として君臨。19年は7戦4勝、20年もここまで2戦2勝と、頭ひとつ抜けている存在です。JP250のライダーはみんな「打倒・笠井」を狙っているといっても過言ではありません。 今回のもてぎ大会でも、笠井は木曜/金曜に行われた特別スポーツ走行で2日間ともトップタイムをマーク。続くのは上原大輝(SDG Mistresa CLUB HARC-PRO)、石井千優(千葉北ポケバイコース&TeamN-PLAN)、中村龍之介(ENDLESS TEAM SHANTI)、田中敬秀(YUEエムズホーム7C&WAKO’S+NTR...

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

全日本ロードレース第4戦もてぎの関連記事まとめ

2020-10-18 10:07 176
オートバイのニュースまとめ

ストーリー動画で見る