<MotoGP> またも「近くて遠い」優勝かな
~Moto3小椋も鈴木も、そしてGPではロッシも…

2週間のインターバルを経て、MotoGP第7戦サンマリノGPが行なわれました。オールドファンにとっては、サンマリノGP=1986年に平忠彦さんがGP250クラスでグランプリ初優勝をあげた地、という記憶が鮮明でしょうが、86年はあれが最終戦だったんですよね。しかも8月24日が決勝日、あの頃はそんなに早くシーズンが終わってたんですねぇ。 そして、このミザノ(ミザノワールドサーキット・マルコシモンチェリ)というコースは、富沢祥也がレース中の事故で亡くなったコースでもあります。あれからもう10年、予選日には日本人選手がみんな、事故現場に赴いて花を手向けるのも毎年恒例ですね。 さて2020年は全15戦中ちょうど折り返しの第7戦。前戦レッドブルリンクが8月23日でしたから、3週間ぶりの開催ですね。けれどグランプリはこの先、11週間で9戦が行なわれます。チョー過密日程ですから、ひとつのケガがチャン...

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

MotoGP エミリア・ロマーニャGPの関連記事まとめ

2020-09-14 06:59 185
オートバイのニュースまとめ

ストーリー動画で見る