ヤマハの威信をかけ、時間、コストといった制約を超越して完成したVMAX!『YAMAHA VMAX』#輝匠価値(2014)

YZF-R1を出す前から企画は始まってました。何回も挫折し、試作車もいっぱい作りました。普通ではできない、矛盾だらけの開発だったんです。普通だったら、絶対やれないですよ。日産のGT-Rと同様に、メーカーの威信をかけ、時間、コストといった制約を超越して作りえたものなんです。手作り感、ホンモノ感にも拘ったのも、ヤマハのブランドバリューを上げることが目標だったのに加え、日本のモーターサイクルの価値を引き上げたいというテーマもあったので、妥協はしませんでした。こうして完成したVMAXは、日本のオートバイが唯一作り得た独自価値、独自様式なのです。アメリカやヨーロッパのオートバイではなし得ない世界ですから、胸を張って『ジャパン・オリジン』だと言えると思います。『牧野 浩 氏 ヤマハ発動機株式会社 MC事業部 マーケティング統括部(当時)』

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2019-05-25 15:30 193
Lawrenceのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

#yamaha 2014
ヤマハ
#ドイツ AMA

MAX
#VMAX