今大会、初のマラソンステージを制したのはホンダのリッキー•ブラベック ステージ4は今回のダカールラリーでは初のマラソンステージとなりました。メカニックのサポートなどが受けられず、難易度の高いコースが続くこの難しいステージを制したのは、ホンダのリッキー•ブラベック。2位のM.ウォークナー(KTM)に6分以上の大差をつけてステージ優勝を果たしました。優勝候補のひとりだったホアン•バレダがステージ3でまさかのリタイアとなり、ライダーの4人体勢になったホンダワークスチームにとって、ステージ4で大切な勝利を掴みました。 出走前に最終的なサポートを受けるリッキー•ブラベック(ホンダ)。ここから先、2日間はメカニックなどによるサポートが受けられないステージとなります。 リッキー•ブラベックは今まで総合トップだった、ハスクバーナのP.クインタニラに対して、20分以上の差をつける結果となり、総合首位に...

#ホンダ

2019-01-11 13:51 350
Lawrenceのニュースまとめ
詳しく記事を読む