大きなサイズを感じさせない自在なフットワークに好印象 「チーフテン」はインディアンのトップカテゴリーエンジン、1811㏄の空冷Vツインを搭載するクルーザー。インディアンには、最上級グレードに「ロードマスター」という豪華なフル装備ツアラーがあるが、このチーフテンシリーズには、それに近い装備のツアラーから少し身軽なクルーザーまで、様々なバリエーションが用意されている。 今回試乗したのは「ダークホース」。迫力ある超大排気量バガーをワイルドに、できるだけ気楽に使いたい、といったライダー向けのモデルだ。 2019年モデルから、その迫力満点のエンジンにオーバーヒート防止のため気筒休止システムを追加。さらにドライバビリティに関わるエンジンマネージメントも変更し、足まわりのリセッティングも施されている。 サスについてはバネが強化されて、スポーツクルーザー的な機動がしやすくなったそうだが、感覚的には減...

2019-01-11 09:30 155
Lawrenceのニュースまとめ
詳しく記事を読む