オールラウンドに楽しいが潜む「血筋」はやはりドゥカティ 現在のドゥカティのラインアップの中で、このスーパースポーツは、ストリート指向のオールマイティスポーツという位置づけだ。今回試乗した上級グレードの「S」は、前後オーリンズサスなどを採用している。 精悍なデザインのフルカウルで身を整えているが、ライポジはパニガーレなどよりずっとアップライト。気楽に操れるスポーツ性能と、ツーリングまでこなせる応用力の高さ、快適さを魅力としている。そのため、フレームはモンスター系の流れを汲むものを、エンジンはハイパーモタード系のテスタストレッタ°11を採用する。スポーツNK的なツブシの効くハンドリングに瞬発力あるパワーをスパイスとしてブレンドしているのだ。 もちろん、車体まわりもエンジンも、決して神経質な性格ではない。937㏄エンジンは、ピックアップもいいが、かなりフラットな味付けが特徴で、言ってみれば...

2019-01-10 17:30 135
Lawrenceのニュースまとめ
詳しく記事を読む