SUPER GTの最終戦がツインリンクもてぎで開催。同点首位でタイトルを争うこととなった平川亮/ニック・キャシディ組 KeePer TOM'S LC500 1号車が、6番手スタートから猛追を見せ、最後はライバルとの直接対決となりましたが、惜しくも逆転はならず、ランキング2位でシーズンを終えることとなりました。レースは立川祐路/石浦宏明組 ZENT CERUMO LC500 38号車が同じく最後まで首位を追い詰めましたが届かず2位。GT300クラスでも、嵯峨宏紀/平手晃平組 TOYOTA PRIUS apr GT 31号車が最後まで優勝を争いましたが惜しくも2位に終わり逆転タイトル獲得はなりませんでした。

2018-11-13 03:15 46
GazooRacingニュースのニュースまとめ
詳しく記事を読む