バイクニュース

『15時17分、パリ行き』で”本人”たちが挑戦した、無差別テロ事件に立ち向かった普通の人々の勇気とは - 1/100の映画評

2018-10-21 10:52 閲覧数:411 『15時17分、パリ行き』で”本人”たちが挑戦した、無差別テロ事件に立ち向かった普通の人々の勇気とは - 1/100の映画評

年間100本以上の映画を鑑賞する筆者が独自視点で今からでも・今だからこそ観るべき映画を紹介。今回の100分の1の映画は、クリント・イーストウッド監督による市井の青年たちの英雄的行動を描いた『15時17分、パリ行き』。 実際に起きたテロ事件に立ち向かった3人の米国人青年たちを描いた話題作 幼馴染の3人の米国人青年たち(スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス)は、それぞれ別の道を歩んでいたが、成人を迎えてもその友情は変わらず、常に連絡を取り合っていた。 スペンサーは米国空軍の軍人となり、アンソニーは大学に進学。アレクは生まれ故郷のオレゴン州の州兵となっていた。3人は、アレクがアフガニスタン駐留から帰国したお祝いにと、気ままなヨーロッパ旅行に向かう。 長年の友情を確かめながら若者らしく道中を楽しむ3人だったが、アムステルダムからパリへと向かう列車の中で思いもかけない...

元の記事を読む  Lawrenceのニュースまとめ

 人気ランキング

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

該当する情報がありませんでした。

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter