全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用 予選も大盛り上がりだった日本GP。いよいよ今日は決勝ですが、 その会場・ツインリンクもてぎのホンダブースには、 なんとCBR250RRのニューカラーが展示されています。 全日本ロードレースを闘う高橋巧選手が駆るワークスマシン、 CBR1000RRWのカラーリングをあしらったCBR250RR。 モーターサイクルショーには同じCBRでも、1000RRの カスタマイズコンセプトにこのカラーリングが採用されましたが、 今回の250RRはなんと市販予定車としての登場。 現行モデルのレッドはアジア選手権を闘うオフィシャルチームカラーを あしらったものですが、今回のワークスカラーもカッコイイです! 今回はフレームをアルミ風のシルバー仕上げとするなど、 非常に凝ったできばえ。市販予定ということですから、 2019年モデルのカラーリングになる可能性が高いという...

2018-10-21 01:02 100
Lawrenceのニュースまとめ
詳しく記事を読む