9月16日(日)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・トルコの競技最終日となるデイ4がトルコ南西部のマルマリスを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC #8号車)が優勝。第8戦ラリー・フィンランド、第9戦ラリー・ドイチェランドに続く3連勝で今季4勝目を飾りました。また、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(#7号車)は、今季最上位となる総合2位でフィニッシュ。チームは2017年のWRC復帰後初となる1-2フィニッシュを達成し、マニュファクチャラーズ選手権トップに浮上しました。なお、デイ3でコースオフしたエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(#9号車)は、サービスでは修復できないダメージがクルマに見つかったため、デイ4での再出走を断念しリタイアとなりました。

#WRC #ラリー

2018-09-18 09:00 閲覧数: 100
トヨタ自動車ニュースのニュースまとめ
詳しく記事を読む