トヨタと共同開発にて進行しているBMWのオープン2ドアスポーツクーペ「Z4ロードスター」の完全生産版を示すパテント画像がオンラインサイト上にて公開されています。 フロントデザインを確認する限りでは、昨年公開された「Z4コンセプト」を再現しながらも、細目の攻撃的なフロントヘッドライトはこれまでキャッチされている開発車両のデザインとほぼ同一ですね。 Autoweek.nlが明らかにした今回のパテント画像では、「Z4ロードスター」のクラシカルなロングノーズ・ショート・リヤパーツと自動開閉式ソフトトップルーフは踏襲し、キャビンはリヤアクスルに近く、フロントエンドにはしっかりとBMWの象徴ともいえるキドニーグリルが大口化。 BMWは最近、新型「Z4ロードスター」についていくつかの詳細情報を公開していて、レンジトッピングモデルとなる「Z4 M40i」には、極めて強力ともいえる排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力360hp~380hpを発揮するとレポート。 同車は、新しいフロントアクスルとロック式リヤディファレンシャルと共に、電子制御式ダンパーを備えたスポーツサスペンションによってローダウンした、「純粋なロードスター」として登場することがBMWより約束されています。 特に、今回インストールされるスポーツサスペンションは、高いボディ剛性と非常にハードなサスペンションアタッチメントによって、ステアリング精度と縦・横方向の加速度のレスポンスにも追従する高性能を保証するセットアップが施されるのだとか(これはかなり期待できる)。 シャシーはトヨタと共同開発によって進められ、競合モデルはポルシェ「ボクスター」という中々の高ハードル(あくまでトヨタが一方的に言っていただけで、BMWはちょっと引き気味)。 なお、新型「Z4ロードスター」は、今夏に登場すると思われ、その後今年10月に開催のパリモーターショー2018にてパブリックデビューする予定です。 【関連記事5選】 ・BMW「Z4 M40i」のティーザー映像が遂に公開。過去の伝統を引継いだ"純粋なロードスター"でデビューへ【動画有】(2018/6/4投稿) ・BMW・新型「Z4 M40i」の開発車両がテスト走行。同じBMWエンジンを搭載する「X3

BMW
ロードスター

2018-06-12 07:46 133
詳しく記事を読む