自動車・バイクニュース

レクサスNewsトヨタ紡織、レクサスに搭載のシートなど展示予定…北京モーターショー2018

2018-04-16 93 レスポンス

レクサスNewsトヨタ紡織、レクサスに搭載のシートなど展示予定…北京モーターショー2018

トヨタ紡織 ブースイメージトヨタ紡織は、4月25日(一般公開は29日から)から5月4日まで開催される北京モーターショー2018に出展する。


2012年の初出展以来、4回目の出展となる今回のテーマは、「QUALITY OF TIME AND ...

さらに見る(外部サイトへ移動)
レクサス トヨタ

おすすめの自動車・バイクニュース

スズキの小型超高効率パワートレイン開発、デンソーとトヨタが支援へ インド市場開拓へ向け協議開始

2018-05-25 49 レスポンス スズキの小型超高効率パワートレイン開発、デンソーとトヨタが支援へ インド市場開拓へ向け協議開始 写真・画像

トヨタ自動車とスズキの共同会見(2016年10月)トヨタ自動車とスズキは5月25日、開発・生産・市場開拓の分野で、新たな共同プロジェクトの協議を開始すると発表した。

両社は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、すでに様々な具体...

トヨタ スズキ レイ
続きを見る

トヨタL&F、電動フォークリフトに3トン系ハイキャパシティ車を追加

2018-05-25 101 レスポンス トヨタL&F、電動フォークリフトに3トン系ハイキャパシティ車を追加 写真・画像

電動フォークリフト「gene B」3.0トン積ハイキャパシティ車(8FBH30)豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、1.0~3.5トン積電動フォークリフト「gene B(ジェネビー)」シリーズに、長時間稼動を実現する3トン系ハイキャパシ...

トヨタ シティ キャパ
続きを見る

トヨタとスズキ、開発・生産等に関する共同プロジェクトの協議開始に合意

2018-05-25 31 トヨタ自動車ニュース トヨタとスズキ、開発・生産等に関する共同プロジェクトの協議開始に合意 写真・画像

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)およびスズキ株式会社(以下、スズキ)は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、既に様々な具体的協力を進めてきた。
これまでインドにおける車両の相互供給等について公表してきたが、それ以外にも生産関連、市場開拓関連など検討の幅が拡がりつつある。
本日、開発・生産・市場開拓の分野で、新たな共同プロジェ

トヨタ スズキ
続きを見る

フィリピントヨタ自動車部品、アイシンの子会社へ 海外MT事業の競争力強化

2018-05-25 87 レスポンス フィリピントヨタ自動車部品、アイシンの子会社へ 海外MT事業の競争力強化 写真・画像

フィリピントヨタ自動車部品(webサイト)トヨタ自動車とアイシン精機は5月24日、マニュアルトランスミッション(MT)事業の競争力強化を目的に、トヨタの子会社であるフィリピントヨタ自動車部品(TAP)をアイシンの子会社にすると発表した。

両...

トヨタ アイ
続きを見る

トヨタ、AIを活用して都市交通を最適化へ…共同研究開始

2018-05-25 80 レスポンス トヨタ、AIを活用して都市交通を最適化へ…共同研究開始 写真・画像

トヨタのAIを活用した都市交通最適化のイメージトヨタ・モビリティ基金は5月24日、人工知能(AI)を活用した都市計画と交通流最適化に関する共同研究を開始した、と発表した。

この研究は、英国に本拠を置くアラン・チューリング研究所と共同で行うも...

トヨタ
続きを見る

トヨタ・モビリティ基金、アラン・チューリング研究所と人工知能を活用した都市計画と交通流最適化に向けた共同研究を開始

2018-05-24 74 トヨタ自動車ニュース トヨタ・モビリティ基金、アラン・チューリング研究所と人工知能を活用した都市計画と交通流最適化に向けた共同研究を開始 写真・画像

一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation。
以下「TMF」)は、英国に拠点を持つアラン・チューリング研究所(Alan Turing Institute。
以下「ATI」)と共に、人工知能を活用した都市計画と交通流最適化に関する18か月の共同研究を2018年5月から開始しました。

トヨタ
続きを見る

【今日は何の日?】オーパ発表/発売 〜じつはトヨタで初のCVT搭載モデル〜 18年前 2000年5月24日

2018-05-24 54 Lawrence 【今日は何の日?】オーパ発表/発売 〜じつはトヨタで初のCVT搭載モデル〜 18年前 2000年5月24日 写真・画像

自動車の歴史を振り返る企画「今日は何の日?」。
5月24日は、ワゴンスタイルで登場したトヨタ・オーパの発表/発売日。
18年前、2000年にタイムスリップ。

トヨタ オーパ
続きを見る

フィリピントヨタ自動車部品株式会社をアイシンの子会社とし、社名変更 新たにAT部品の生産を開始し、更なる事業競争力強化を目指す

2018-05-24 47 トヨタ自動車ニュース フィリピントヨタ自動車部品株式会社をアイシンの子会社とし、社名変更
新たにAT部品の生産を開始し、更なる事業競争力強化を目指す 写真・画像

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)、およびアイシン精機株式会社(以下、アイシン)は本日、マニュアルトランスミッション(以下MT)事業の競争力強化を目指し、トヨタの子会社であるフィリピントヨタ自動車部品株式会社(以下、TAP)へのアイシンからの出資比率を現状の34%から61%に引き上げ、アイシンの子会社とすることに合意した。
今後はアイシンが主

トヨタ アイ
続きを見る

【インプレッション】レクサス「NX」の良いところ①。後席のアームレストがとにかく子供に大人気

2018-05-24 87 Creative Trend 【インプレッション】レクサス「NX」の良いところ①。後席のアームレストがとにかく子供に大人気 写真・画像

何やかんやでレクサス「NX300h」が3月23日に納車して2か月が経過しました。
ようやく走行距離も1,000kmに到達したので、そろそろインプレッションしていきたいところですが…今回は、走行時や乗り心地についてではなく、ちょっと変わった視点からのインプレッションとなります。
その変わったインプレッションとは「後席のアームレスト」。
以下の画像のような肘置き

レクサス
続きを見る

トヨタ、FCスタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 2020年以降のFCV販売拡大に対応

2018-05-24 72 レスポンス トヨタ、FCスタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 2020年以降のFCV販売拡大に対応 写真・画像

本社工場敷地内に建設中のFCスタック生産用建屋トヨタ自動車は5月24日、2020年頃以降の燃料電池自動車(FCV)の販売拡大に向け、燃料電池スタック(FCスタック)と高圧水素タンク生産設備を拡充すると発表した。

トヨタでは、2020年頃以降...

トヨタ
続きを見る

レクサス ES 新型、自転車や夜間の歩行者が検知可能に…先進運転支援が進化

2018-05-24 22 レスポンス レクサス ES 新型、自転車や夜間の歩行者が検知可能に…先進運転支援が進化 写真・画像

レクサス ES 新型レクサスは5月22日、新型『ES』の欧州仕様車を発表し、第2世代の「レクサス・セーフティシステム+」など最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

新型レクサスESの第2世代のレクサス・セーフティシステ...

レクサス
続きを見る

【ニュース】トヨタの本気が見える、FCV販売拡大へ向けて生産設備を拡充へ

2018-05-24 69 Lawrence 【ニュース】トヨタの本気が見える、FCV販売拡大へ向けて生産設備を拡充へ 写真・画像

トヨタはFCV(燃料電池車)について、2020年以降グローバルで年間3万台以上の販売を目指しているが、それに対応すべく燃料電池スタックと高圧水素タンクの生産設備を拡充すると発表した。

トヨタ
続きを見る

剛性60%アップ!? ボディの接合剛性を向上させるトヨタの技術「レーザースクリューウェルディング」とは?

2018-05-24 88 CarMe 剛性60%アップ!? ボディの接合剛性を向上させるトヨタの技術「レーザースクリューウェルディング」とは? 写真・画像

トヨタが開発した「レーザースクリューウェルディング」は、クルマの操縦安定性や乗り心地を左右するボディの接合剛性を向上させる技術です。
従来の溶接方法である「スポット溶接」や「レーザー溶接」に対して、どのような違いがあるのでしょうか。
文・吉川賢一

トヨタ レーザー
続きを見る

トヨタ自動車、2020年頃以降のFCV販売拡大に向け燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 -FCV年間販売3万台以上に対応。海外・日本での販売エリアを拡大-

2018-05-24 35 トヨタ自動車ニュース トヨタ自動車、2020年頃以降のFCV販売拡大に向け燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充
-FCV年間販売3万台以上に対応。海外・日本での販売エリアを拡大- 写真・画像

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、2020年頃以降グローバルで年間3万台以上の販売を目指していますが、現状年間3,000台レベルからひと桁増となる生産レベルに対応するために、FCVの基幹ユニットとなる燃料電池スタック(FCスタック)と燃料の水素を貯蔵する高圧水素タンクの生産設備を拡充します。

トヨタ
続きを見る