バイクニュース

Honda France、F.C.C. TSRとタッグを組みEWC復活へ

2017-09-19 15:46 閲覧数:117 Honda France、F.C.C. TSRとタッグを組みEWC復活へ

▲Honda France、F.C.C. TSR 新たなパートナーシップで、タイトル獲得へ Honda Franceは、日本における耐久ロードレースの名門チーム「F.C.C. TSR」とタッグを組み、「F.C.C. TSR Honda France」として復活し、世界耐久選手権(EWC)に参戦することを発表した。 フランスにあるHondaの現地法人は、世界耐久選手権(EWC)に30年以上にわたり支援を続けてきており、世界中のサーキットで数々の勝利や表彰台入賞を果たしてきた。 豊かな歴史を持つHonda Franceと、現在活躍中のTSR。今回の新たなパートナーシップにより、タイトル獲得を狙う。 以下公式サイトより フランスの現地販売法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド フランス支店(支店長:笠原 琢)は、以下を発表しました。1948年の創業以降、HondaのDNAにはレース活動、特に耐久ロードレースが強く根付いています。 フランスにあるHondaの現地法人は、世界耐久選手権(EWC)に30年以上にわたり支援を続けてきており、世界中のサーキットで数々の勝利や表彰台入賞を果たしてきました。 豊かな歴史を持つHonda Franceは今回、日本における耐久ロードレースの名門中の名門チーム「F.C.C. TSR」とタッグを組むことで「F.C.C. TSR Honda France」として復活。この新たなパートナーシップにより、チャンピオンシップにおけるHondaの存在を最高レベルに高めるとともに、タイトル獲得を狙います。 このチャンピオンシップのプロモーション活動はユーロスポーツイベント(Eurosports Events)によって行われ、EWCをヨーロッパ内外に広めています。 F.C.C. TSR Honda Franceは、2017-2018年EWC世界選手権にフル参戦します。ライダーは、フレディ・フォレイ(フランス)、ジョシュ・フック(オーストラリア)、アラン・テシェ(フランス)とアルトゥーロ・ティゾン(スペイン)の4人で、鈴鹿にあるTSRのワークショップで準備された「CBR1000RR Fireblade」で参戦します。 藤井正和が総監督を務め、スタッフはTSRチームスタッフとBruno

元の記事を読む  webikeのニュースまとめ

#honda

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter