自動車ニュース

ランボルギーニ「アヴェンタドール」のハードコアモデル?謎のテスト車両を捕捉

2017-09-16 07:50 閲覧数:110 ランボルギーニ「アヴェンタドール」のハードコアモデル?謎のテスト車両を捕捉

先日より開催中のドイツ・フランクフルトモーターショー2017にて、ランボルギーニは「アヴェンタドール」のフェイスリフト・オープンモデル「アヴェンタドールS・ロードスター」をワールドプレミアしましたが、その一方で、新たな「アヴェンタドール」のハードコアモデルと思われる開発車両を捕捉。 フロントのデザインやルーフを確認していくと、「アヴェンタドール・ロードスター」のように見えますが、リヤデザインを確認していくと「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同様のデュアルエキゾーストシステムを配備(テスト車両なので、確実なデザインではないが…)していることが確認できます。 中央のデュアルエキゾーストの下にはセンターパイプカットのエキゾーストも確認できますが、こちらはおそらくダミーと推測。 この個体を捕捉した報告書によると、恐らく「アヴェンタドールS」の更なるハードコアモデルになると思われ、つまりは「アヴェンタドールSV」の後継となる位置づけになるのではないかと考えられますが、今のところは不明な点が多すぎるため何とも言えないところ。 ただ、ランボルギーニは「ウラカン・ペルフォルマンテ」を開発し、ニュルブルクリンクでの市販車世界記録6分52秒をたたき出した背景もあることから、更にそれを超えてくる個体を開発している可能性は高いと考えられ、更にはデザインについても「アヴェンタドールS」と「アヴェンタドールSV」の中間デザインになる可能性もありそうですね。 パワートレインについては触れられていませんが、恐らく最後のV型12気筒自然吸気モデル(ハイブリッドの可能性は低い)と思われ、最高出力も800ps程度(アヴェンタドールSVは最高出力750ps)まで向上するのではないかと推測しています。 関連記事:ランボルギーニの新たな限定モデルが近日発表。ハイブリッドの可能性も Reference:CARSCOOPS

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#ランボルギーニ #アヴェンタドール

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter