自動車・バイクニュース


おすすめの自動車・バイクニュース

スバルの新型SUV『アセント』、第一号車を顧客に納車

2018-06-18 39 レスポンス スバルの新型SUV『アセント』、第一号車を顧客に納車 写真・画像

スバル・アセントの第一号車を顧客に納車SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月15日、新型SUVのスバル『アセント』の第一号車を顧客に納車した、と発表した。

アセントは、スバルが北米市場でのさらなる成長を求め、とくにファミ...

スバル
続きを見る

全金属製の軽飛行機「エアロスバル」、赤字路線の救世主「レールバス」、SUBARUにつながるスバルの全仕事【後編・歴史】

2018-06-17 67 Lawrence 全金属製の軽飛行機「エアロスバル」、赤字路線の救世主「レールバス」、SUBARUにつながるスバルの全仕事【後編・歴史】 写真・画像

個性的な製品から、熱狂的なファンがいることで知られるスバル。
戦前から現代まで、スバルの前身である中島飛行機、富士重工業の製品と時代背景を追う短期連載「スバルの全仕事」を掲載する。
全3回で送る最終回(後編)は1963〜2017年富士重工業時代。
(ホリデーオート2018年4月号より抜粋)【前編は→https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17175792、中編は→https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17175862】

スバル
続きを見る

ディーゼル特急「はつかり」、戦後初の旅客機「YS-11」、SUBARUにつながるスバルの全仕事【中編・歴史】

2018-06-16 85 Lawrence ディーゼル特急「はつかり」、戦後初の旅客機「YS-11」、SUBARUにつながるスバルの全仕事【中編・歴史】 写真・画像

レガシィやフォレスターなど北米を中心に躍進する国産自動車メーカー、スバル。
その前身である富士重工業や中島飛行機の時代までさかのぼりって、その製品と時代背景を追う短期連載「スバルの全仕事」。
全3回で送る第2回(中編)は1946〜1962年の富士重工業黎明期。
(ホリデーオート2018年4月号より抜粋)【前編は→https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17175792】

スバル
続きを見る

スバルがインプレッサやレガシイなどリコール エンストやエンジン始動しなくなる恐れ

2018-06-15 95 乗り物速報 スバルがインプレッサやレガシイなどリコール エンストやエンジン始動しなくなる恐れ 写真・画像

SUBARU(スバル)は14日、走行中にエンジンが止まる恐れがあるとして、「レガシィ」「インプレッサ」の2車種計23万2708台(平成16年4月~21年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

スバル インプレッサ リコール
続きを見る

誉を搭載した最優秀機「疾風」、国産初のジェット機「橘花」。SUBARUにつながるスバルの全仕事【前編・歴史】

2018-06-15 65 Lawrence 誉を搭載した最優秀機「疾風」、国産初のジェット機「橘花」。SUBARUにつながるスバルの全仕事【前編・歴史】 写真・画像

今でこそ、世界的に存在感を高めた自動車メーカーとして知られるスバル。
しかし、その過去には軍用戦闘機や鉄道、バスなど、様々なビジネスを展開してきた経緯がある。
スバルの前身である富士重工業、さらに中島飛行機にまでかのぼり、その製品たちを見ていこう。
全3回で送る第1回は1917〜1945年の中島飛行機時代。
(ホリデーオート2018年4月号より抜粋)

スバル
続きを見る

スバルに23万台の大量リコール。対象はレガシィ/インプレッサ、最悪の場合は走行中にエンジン停止

2018-06-15 71 Life in the FAST LANE スバルに23万台の大量リコール。対象はレガシィ/インプレッサ、最悪の場合は走行中にエンジン停止 写真・画像

スバル・レガシィ/インプレッサにリコールの届出。
今回の内容は「燃料装置(燃料ポンプ)の不具合」。
届出内容によると、「燃料ポンプにおいて、ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なため、車両使用過程の動きでコネクタ端子の接触状態が悪化し、導通不良となることがある。
そのため、ポンプが作動せず、走行中のエンジン停止や始動不良が発生するおそれがある」。

スバル インプレッサ
続きを見る

スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り

2018-06-14 110 Creative Trend スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り 写真・画像

自動車ニュースサイト・Responseより、スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。
リコールの内容としては、燃料ポンプに不具合があるとして、燃料ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なために車両使用過程の動きでコネクタ端子の接触状態が悪化してしまい、導通不良なる恐れも。
そのため、ポンプが作動せずに走行中のエンジン停止や始動不良が発

スバル インプレッサ
続きを見る

スバル レガシィ、インプレッサ 23万台をリコール 走行中エンストのおそれ

2018-06-14 115 レスポンス スバル レガシィ、インプレッサ 23万台をリコール 走行中エンストのおそれ 写真・画像

スバル・レガシィ(2006年)SUBARU(スバル)は6月14日、『レガシィ』と『インプレッサ』の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
対象となるのは、2004年4月1日~2009年9月21日に製...

スバル インプレッサ
続きを見る

【スバル新型レガシィ最新情報】B4/アウトバックのフルモデルチェンジ発売日は2019年!スペック、燃費、価格は?

2018-06-13 364 車好きの勝手な妄想 【スバル新型レガシィ最新情報】B4/アウトバックのフルモデルチェンジ発売日は2019年!スペック、燃費、価格は? 写真・画像

スバルが「レガシィ」のフルモデルチェンジを予定し、開発を進行しています。
新世代となり性能をアップするスバル新型レガシィについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します


スバル
続きを見る

450台限定のスバル「S208」納車当日の事故後→ディーラ店長は謝罪せず、場所は多分岐阜っぽい

2018-06-13 152 Creative Trend 450台限定のスバル「S208」納車当日の事故後→ディーラ店長は謝罪せず、場所は多分岐阜っぽい 写真・画像

先日、限定450台のみの希少モデル・スバル「S208 NBRチャレンジパッケージ・カーボンリヤウィング」が納車当日にディーラ側の不手際で事故し、その後のディーラ店長の対応が"あまりにも酷い"と大きな話題を呼びましたが、今回その後の店長の対応が更に悪化しているとのこと。
関連記事:450台限定のスバル「S208 NBRチャレンジ・パッケージ」がディーラの不手際

スバル
続きを見る

【悲報】450台限定のスバル S208を納車前に壊されてしまう

2018-06-12 103 乗り物速報 【悲報】450台限定のスバル S208を納車前に壊されてしまう 写真・画像

1: 2018/06/11(月) 23:52:13.645 ID:w6Z+34SQp https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2673905/blog/41569119/ ディーラー返金すると言ったがこれはどうすれば納得するんだ? 返金云々の問題じゃないってコメントもあるが

スバル
続きを見る

スバルのリサイクル実績、3億7971万円の黒字…2017年度

2018-06-12 80 レスポンス スバルのリサイクル実績、3億7971万円の黒字…2017年度 写真・画像

SUBARU(スバル)は、自動車リサイクル法に基づく2017年度(2017年4月~18年3月)の再資源化などの実績を公表した。

2017年度の実績は、シュレッダーダスト(ASR)では16万6716台、2万6920トンを回収、このうち2万63...

スバル
続きを見る